看護面接で質問される「SDGS」とは何か?知らなきゃ損!

Author:看護予備校KAZアカデミー

第3回〆切まで
37 days 21 hrs 42 mins 13 secs

「SDGs(エス・ディー・ジーズ)」とは、Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)を略したものです。

2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。

17の目標があり、それをさらに細かく169のターゲットから構成されており、

地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。

また、SDGsは発展途上国だけでなく、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいる内容となります。

では、それぞれどんな目標があるのかを見ておきましょう。

「SDGS」の17の目標

「3」の全ての人に健康と福祉は、医療業界が達成しなければならない目標なので、看護師を目指す学生は知っておくべきですね。

さらにターゲットを詳しく見ておきましょう。

全ての人に健康と福祉に含まれるターゲット

3.1 2030年までに、世界の妊産婦の死亡率を出生10万人当たり70人未満に削減する。

3.2 全ての国が新生児死亡率を少なくとも出生1,000件中12件以下まで減らし、5歳以下死亡率を少なくとも出生1,000件中25件以下まで減らすことを目指し、 2030年までに、新生児及び5歳未満児の予防可能な死亡を根絶する。

3.3 2030年までに、エイズ、結核、マラリア及び顧みられない熱帯病といった伝染病を根絶するとともに肝炎、水系感染症及びその他の感染症に対処する。

3.4 2030年までに、非感染性疾患による若年死亡率を、予防や治療を通じて3分の1減少させ、精神保健及び福祉を促進する。

3.5 薬物乱用やアルコールの有害な摂取を含む、物質乱用の防止・治療を強化する。

3.6 2020年までに、世界の道路交通事故による死傷者を半減させる。

3.7 2030年までに、家族計画、情報・教育及び性と生殖に関する健康の国家戦略・計画への組み入れを含む、性と生殖に関する保健サービスを全ての人々が利用できるようにする。

3.8 全ての人々に対する財政リスクからの保護、質の高い基礎的な保健サービスへのアクセス及び安全で効果的かつ質が高く安価な必須医薬品とワクチンへのアクセスを含む、ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)を達成する。

3.9 2030年までに、有害化学物質、並びに大気、水質及び土壌の汚染による死亡及び疾病の件数を大幅に減少させる。

3.a 全ての国々において、たばこの規制に関する世界保健機関枠組条約の実施を適宜強化する。

3.b 主に開発途上国に影響を及ぼす感染性及び非感染性疾患のワクチン及び医薬品の研究開発を支援する。また、知的所有権の貿易関連の側面に関する協定(TRIPS協定)及び公衆の健康に関するドーハ宣言に従い、安価な必須医薬品及びワクチンへのアクセスを提供する。同宣言は公衆衛生保護及び、特に全ての人々への医薬品のアクセス提供にかかわる「知的所有権の貿易関連の側面に関する協定(TRIPS協定)」の柔軟性に関する規定を最大限に行使する開発途上国の権利を確約したものである。

3.c 開発途上国、特に後発開発途上国及び小島嶼開発途上国において保健財政及び保健人材の採用、能力開発・訓練及び定着を大幅に拡大させる。

3.d 全ての国々、特に開発途上国の国家・世界規模な健康危険因子の早期警告、危険因子緩和及び危険因子管理のための能力を強化する。

どれか1つでもよいので、面接に向けて覚えておきましょうね。

まとめ

これら国が掲げる目標は、看護受験の面接また、小論文の内容でも出題されることがあります。

「SDGS」に限らず、普段からニュースや新聞などは、読むように心がけておきましょう。

看護 予備校 KAZアカデミーが作成。看護受験に役に立つ学習一覧

看護学校の面接で気になるニュースまとめ

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事