最近気になるニュースで、面接官にインパクトを与えるには3つのことを意識しよう。

Author:看護予備校KAZアカデミー

第1回〆切まで
167 days 11 hrs 02 mins 52 secs

最近気になるニュースを答える時に、他の学生よりもインパクトを与えたい。

そう考える学生も多いでしょう。

時には他の学生と気になるニュースが被ってしまうこともあります。

そこで、インパクトを与えるために

「場所place・数字number・歴史history」の3点を意識して文章を作ってください。

そうすれば、他の受験生よりも面接官にインパクトをの与えることができます。

それでは、例文を使って見ていきましょう。

最近気になるニュースを伝える時には、「場所」は必須。

例えば、最近気になるニュースにで「新型コロナウイルス」について話していくとします。

受験生A:私が最近気になるニュースは、新型コロナウイルスについてです。
受験生B:私が最近気になるニュースは、中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスについてです。

二人の受験生は、同じ出来事について話していますが、文章に「場所」を含むだけで、かなりニュースをしっかりと読んでいる感がでますね。

最近気になるニュースに深みを出すなら「数字」を含もう。

続いては、文章に数字を入れてあげましょう。

受験生A:私が最近気になるニュースは、新型コロナウイルスについてです。
受験生B:私が最近気になるニュースは、2019年12月、中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスについてです。

数字を入れることで、現実味が帯びてきます。

最近気になるニュースにリアリティを出すなら「歴史」を含もう。

場所や数字を入れることで、文章がガラリと変わりましたね。

続いては、ニュースの歴史(以前の内容)を含んであげましょう。

そうすることで、さらにリアリティやあなたの勤勉さが際立ちます。

受験生A:私が最近気になるニュースは、新型コロナウイルスについてです。
受験生B:私が最近気になるニュースは、2019年12月、中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスについてです。すでに2年が経ち日本では落ち着いてきているように感じますが、欧州でのコロナウィルス再燃による第6波についてが特に気になります。

まとめ

「場所place・数字number・歴史history」この3つを文章中に含むことで、同じニュースですが印象がガラリと変わりましたね。

これは、どんなニュースを伝える時にも使えるので、あなたが最近気になるニュースを話すときには是非参考にしてください。

看護学校の面接で気になるニュースまとめ

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事