京橋校梅田校天王寺校難波校

看護予備校大阪KAZアカデミー の看護学校への「合格する秘訣」と「合格率の高さ」

看護予備校が伝える「看護学校の受験」を乗り越えるために必要なもの。

imgdet_6797_199526_imgdet_org

「看護専門学校」や「看護大学」の受験の合格を手にするために、看護受験専門の看護予備校だからこそ知っている多くの注意点があります。

その中の一つとして、看護学校の受験で成功するには、皆様の日々のモチベーションの維持が非常に重要です。

モチベーションの維持?っと言われてもパッとしませんよね。

看護学校の受験を目指すといっても、「約半年から一年ぐらいの間」は、受験勉強と向き合う必要があります。

たちまち、モチベーションが下がってしまえば、受験勉強も思うように進まなくなります。なので、当看護予備校は、できるだけ「モチベーションを維持した状態」が保てるようにこだわっています。

現在、「会社勤めの社会人の皆様」や、「子育て中のママさん」にとって、「仕事と勉強を両立すること」は、本当に大変なことだと思います。

その負担を少しでもなくすために、週一回の通学でも十分に、看護学校の受験に合格できる授業を行っております。

看護学校の受験勉強を始めた時は、学生時代のように、「何としても合格してやるんだという意気込み」があります。

しかし、どうしても受験勉強を始めて、数ヶ月後、どうしてもモチベーションの下がる時期もきてしまいます。

看護学校の受験を合格するのは無理かも・・・?もう諦めようかな・・・?

このようにモチベーションを一人で維持することはとても難しいんですよね。

では、どのようにモチベーションを維持するのか?受験生の皆様にとって、あなたのモチベーションを維持してくれる「頼れる存在がいると安心」しますよね。

看護学校にこれまで「多くの学生を合格させた経験のある先生との会話」、そして、モチベーションが下がった時こそ、「同じ看護師を目指す仲間とのコミュニケーション」があれば自分自身を成長させてくれます。

ただ闇雲に勉強してるだけでは、残念ながら、看護学校の受験に間に合わなかったり、途中で諦めてしまうこともあります。

看護学校を目指すためには、「モチベーションの維持」そして「頼れる存在が側にいること」で、受験勉強も充実していきます。

当 看護予備校の先生は、常に学生様の立場になり、全員合格を目指し看護学校の受験に向けて挑んでいます。

看護予備校だから出来る、看護入試に向けて「実践力がつく内容の濃い勉強」。

受験勉強を始めた時こそ、必ず、計画を持つことが重要です。受験が近づいてきたから、急に頑張ろうと思っても、なかなか続かなかったりします。

そこで、当看護予備校では、計算問題でも、「数問解いて理解ができたから満足する」のではなく、とにかく「自分で解くと決めたページ数」をこなして頂いております。

そうすることにより、「勉強すること」に慣れ、「問題を解くこと」にも慣れます。問題をたくさん解くで、初めは、数学の問題が嫌いだった方でも、数学を好きになる学生様もたくさんいます。

これに関しては、学生様本人も驚いています。なので、

初めは、解けなくても全く気にする必要なんてないんですよね。

当 看護予備校の先生とあなたに合った学習ペースで継続すれば必ず理解できる時がきます。

では、このように確実に理解をしていく内容の濃い勉強をしていくためにも、現在の日常に、「看護学校の受験勉強をするための決まった時間」を作る必要があります。

これは、看護学校の入試の日まで、今の生活環境の中で、「どのタイミングで勉強をする時間がとれるのか!?」それを知ることで、勉強の癖をつけることができます。

その結果、受験までの長い期間に上手く対応できるようになります。このような癖をつけておくことで、たくさんの問題を解けるようになり、おのずと、勉強時間も長くなります。

最初はたった数分でもいいので必ず毎日机に向き合い勉強をする癖

を一緒につけていきましょう。意外と数分でも、毎日、机に座り勉強を続けることは難しいんですよね。看護受験を成功するためには少量を継続的に続けてみましょう。

当 大阪看護予備校KAZアカデミーのモットーは、上辺の勉強ではなく内容をしっかりと把握する濃い勉強を全ての生徒様に行っていただいております。

しっかりと理解をした「内容の濃い勉強」をすることで、さまざまな問題に対応できるようになります。

看護予備校で学ぶことで「必要なことだけ集中して」理解力を高めることができる。

当看護予備校は、毎年さまざまなデーターを収集することで、どのように勉強すれば、スムーズに看護学校へ合格できるかを、考えながら、授業をしています。

無駄な勉強はしたくないですよね。確実に合格できる、それが最高の勉強方だと思います。

当看護予備校は、看護学校の受験を専門にしている予備校だからこそ、毎年多くの「高校生」や「社会人」そして「主婦」の皆様に、ピンポイントで看護学校の受験に必要なことをお伝えすることができます。

毎年、他の「予備校や塾」から、当 看護予備校へ転学される方に相談されますが、

家に帰ると学習した内容が理解できなくなる。結局、受講している授業に先に進まれる。等

の相談を受けます。このように、理解できないまま進んでしまうと看護学校の受験がうまくいきません

さらに、看護学校の受験問題には、変則的な問題がたくさん出題されます。これを乗り越えるためには、理解力と実践力をしっかりと伸ばしてあげる必要があります。

単発的な問題だけでは、いくら勉強してもまた忘れてしまいます。当 看護予備校では一つ一つの問題を確実に理解して頂きます。

そして、無駄のない勉強をすることで合格まで最短の道のりを進んでいきます。

当 看護予備校では、基本の勉強方法から理解ができなかった場合に、どうすれば良いかなどを親身になり1対1でアドバイスしていきます。

看護予備校独自の入試テスト対策

img_89dd97980f49ebff4796ca3312aa7c80133862

「看護専門学校」や「看護大学」は毎年テストの傾向が変化します。年度によっては、過去問と類似しているパターンもありますが、それを当てにしてしまうと大きな痛手になってしまいます。

少しでもリスクがないように、当看護予備校は、受験前にはあらゆる過去問を解いてもらいます。あらゆる過去問を解くことで、皆様の学習レベルもさらに上がっていきます。

ここでも、一問だけ解いて満足するのではなく、多くの入試問題を解いて頂きます。たくさんの問題を解くことで、あらゆるパターンの入試問題が出題されたとしても、対応することができます。

もちろん、「解けなかった過去問」や「理解できなかった過去問」は、一問ずつ丁寧に解説していきます。

看護学校の入試テスト問題でも、通常の学習と同じく、「基礎入試レベルから応用入試レベル」まで、一つずつ手順を追いレベルアップしていきます。

その結果、どんな問題が出題されたとしてもしっかり点数のとれる学習を行っております。

また、看護予備校だからわかる、必ず、「看護学校に出題されている問題」を皆様にはお伝えしますので、その問題には、十分な時間をとって学習をして頂きます。

看護学校の面接対策

「看護専門学校」や「看護大学」を受験するにあたって、面接は、筆記テストの次に重要な項目になっております。

一次試験(筆記試験)は合格したが、二次試験で不合格になる方も大変多くいます。

これは非常にもったいないですよね。確かに、看護学校の面接官との相性もありますが、二次試験で不合格になってしまう方には、理由があります。

当 看護予備校では、面接で失敗しないために、「一人一人が持っている癖」や「禁句ワード」そして「声量」も一つずつ丁寧に指導していきます。

ロボットのように、決まり切った面接の応対ではおそらく不合格になります。

さらに看護学校の面接には変則的な質問もたくさん聞かれます。変則的な質問をされた場合、非常に困りますよね。

当看護予備校では、基本的な質問から変則的な質問まで、過去の面接データより、出来る限りスムーズに対応できるよう、一言一句説明していきます。

大阪看護医療総合予備校 大阪KAZアカデミーでは、看護学校の受験に必要である全ての項目において、丁寧な指導を行っていますので、安心して受験勉強に臨める予備校となっています。

看護予備校 大阪KAZアカデミーの校舎のご案内