チェコで起きた奇跡!!脳死の女性から女の子の赤ちゃんが誕生

Author:看護予備校KAZアカデミー

チェコで、脳死中の母親が女の子の赤ちゃんを出産したニュースです。

妊娠中に脳出血を起こした母親は病院で脳死と判断されましが、

およそ4か月後帝王切開により無事赤ちゃんが出産しました。

脳死とは

脳死とは、生きるために必要な

「呼吸」「循環機能の調節」「意識の伝達」が全て失われるものです。

彼女が出産するまでに必要だったこと

病院側は、出産までの期間、彼女の心臓や肺などを動かすために、

117日間人工的に心臓や肺を延命治療を続けた。

出産に至るまで誰が支えたのか。

その陰には「家族」や「看護師」「療法士」の努力に尽きます。

看護師がおなかの中で成長する胎児に直接「語り掛け」を行い

祖母がおとぎ話を読み聞かせ、

療法士は、生活をしているかのように女性の足を動かしました。

これこそチーム医療であると言えます。

この日々の地道な作業がお腹の赤ちゃんを成長させ無事産まれました。

看護学校の面接で気になるニュースまとめ

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事