高齢者の就労対策で一番評価を得ている国と、その方法とは?

Author:看護予備校KAZアカデミー

今や高齢化社会は日本だけが抱える問題ではない。

2050年には全世界で高齢者が20億人超と予測されている。

高齢者の就労対策で一番評価を得ている国

全世界が高齢化社会で悩みを抱える中、一番評価されている国がスイスである。

スイスは、高齢者にとって過ごしやすい「生活の質」を保つために

国が高齢者の就労に力を入れているのである。

スイスが行っている高齢者の就労対策

高齢者が定年後にも、社会にかかわれる仕組みを作り

ボランティアや生涯学習・就労を推奨することで、

高齢者の孤独を避け、常に社会に必要であるポジションとして高齢者を扱っている。

また、スイスのこのような取り組みは、

WHOから高齢者の健康・参加・安全を保障する「アクティブエイジング」のモデルケースとされている。

日本の高齢者の就労の現状

日本は65歳を定年とし、その後の高齢者が働きやすい環境とは言いにくい。

確かに2025年を目標に

「住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができる」をモットーに、

「地域包括ケアシステム」の構築を進めているが、一般にはまだまだ浸透していない。

高齢者が自ら何歳でも働けるような環境づくりをしていかなければならない。

看護学校の面接で気になるニュースまとめ

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事