看護受験小論文のテーマ『超高齢社会』を書く上で使える知識。

Author:看護予備校KAZアカデミー

2023年 第1回〆切まで
176 days 02 hrs 50 mins 58 secs

2022年現在、日本の総人口は1億2,550万人で、そのうち65歳以上が3,621万人(全体の28.9%)います。

65歳~74歳までと75歳以上で人口を分けると

65~74歳 75歳以上
人口 1,754万人 1,867万人

になります。

高齢化の基準

65歳以上の人口が、7%を超えると「高齢化社会」、14%を超えると「高齢社会」、21%を超えると「超高齢社会」と呼ばれます。

現在は、「超高齢社会」に突入しています。

なぜ超高齢社会になったのか。

医療の発達により1950年と比べると、男女ともに平均寿命が約20年近く長くなっていることや、出生数が死亡数を下回り、総人口が減少しているのも1つの理由です。

1950年 およそ58歳 およそ62歳
2022年 およそ80歳 およそ86歳

超高齢社会における問題点

超高齢社会は今後も続き、

2036年(令和18年)には、33.3%
2065年(令和47年)には、38.4%

上昇する見込みです。

単純に計算すると、

約2.6人に1人が65歳以上
約3.9人に1人が75歳以上

という結果になります。

これにより、医療・福祉・社会保障制度・財政の問題・現役世代の減少・人口減少よる経済成長率の低迷・高齢者のQOL(クオリティ・オブ・ライフ)の低下といった課題が現在挙げられます。

看護 予備校 KAZアカデミーが作成。看護受験に役に立つ学習一覧

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事