投稿者「kazufa2010」のアーカイブ

暗記だけで二次関数の頂点を求めよう。|看護受験の必須 数学の公式を確認テスト : vol22

本日も看護受験に必須の数学の公式を極めていきましょう。

二次関数の頂点を求めるときには、二次方程式(標準形)を平方完成する必要があります。

ただ、今回は平方完成の変換が

・いまいちよくわからない
・頂点を求めるまで時間短縮したい

学生へ暗記だけ頂点がわかる方法をお伝えします。

二次関数の公式(標準形から平方完成)と頂点の確認

頂点の公式を使って解説

このように、

を暗記するだけで、放物線の頂点を求めることができます。

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事

医療制度の用語を看護受験前には知っておこう。part-5

かかりつけ医(カカリツケイ)とは

かかりつけ医(カカリツケイ)の説明画像

喀痰(カクタン)とは

喀痰(カクタン)の説明画像

看護師(カンゴシ)とは

看護師(カンゴシ)の説明画像

患者申出療養(カンジャモウシデリョウヨウ)とは

患者申出療養(カンジャモウシデリョウヨウ)の説明画像

感染症(カンセンショウ)とは

感染症(カンセンショウ)の説明画像

看護受験必須知っておきたい医療言語 小論文や入学後にも役に立つワード一覧

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事

二次関数の公式|看護受験の必須 数学の公式を確認テスト : vol21

本日も看護受験に必須の数学の公式を極めていきましょう。

二次関数の公式

看護受験では、二次関数の「頂点」を求める問題は

必ずといっていいほど出題されます。

この機会にしっかりと仕組みを理解し入試に繋げてください。

問題の解説

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事

看護学校の受験必須「命題の復習4」

一般入試に向けて志望動機書は作り終えましたか?

面接対策は十分できていますか?

「公募入試」や「社会人入試」で手ごたえがあったにも関わらず

不合格になってしまった受験生の皆様は「志望動機書」や「面接」の見直しは必須になります。

看護受験は他の受験とは異なり、面接が合否を大きく左右させます。

面接官には、あなたが看護師になりたい強い気持ちをしっかりと伝えてください。

それでは、本日は「命題」の続きを勉強していきましょう。

本日の復習



もくじ

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事

看護学校の受験必須「命題の復習3」

本日は「命題」の続きを勉強していきましょう。

一般試験も徐々に近づき不安を抱いている人も多くいるかもしれませんが、

「AO入試」「公募入試」「社会人入試」と比べ、

「一般入試」は合格できる確率が非常の高くなっているので、

皆さんが看護学校に合格できるチャンスを待ってます。

そのためには、筆記テストはもちろん「志望動機」や「面接対策」はしっかりとしておきたいので、

手を抜かず後1~2カ月ラストスパートをかけていきましょう。

本日の復習


もくじ

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事

医療制度の用語を看護受験前には知っておこう。part-4

ADL(エーディーエル)とは

ADL(エーディーエル)の説明画像

オンブズパーソンとは

オンブズパーソンの説明画像

介護療養型医療施設(カイゴリョウヨウガタイリョウシセツ)とは

介護療養型医療施設(カイゴリョウヨウガタイリョウシセツ)の説明画像

介護老人保健施設(カイゴロウジンホケンシセツ)とは

介護老人保健施設(カイゴロウジンホケンシセツ)の説明画像

回復期病床(カイフクキビョウショウ)とは

回復期病床(カイフクキビョウショウ)の説明画像

看護受験必須知っておきたい医療言語 小論文や入学後にも役に立つワード一覧

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事

アフガニスタンで銃撃された中村哲医師が診療より水利事業に力を入れた理由。

2019年12月4日、アフガニスタンで活動していた中村哲医師が、武装集団に銃撃され死亡するニュースが日本に流れた。

中村哲医師の経歴

1973年に九州大学医学部を卒業し、6,000km以上離れたアフガニスタンで日本人であるにも関わらず、

長年に渡る数々の功績が認められ、2018年(平成30年)にアフガニスタンの国家勲章を受章した。

アフガニスタンの現状

アフガニスタン紛争は1978年以降、40年が経った今も続いている。

そこでは、全ての生活物資が不足し、日本では当たり前に揃っている

「住居」や「食事」、「衛生的な水」すら満足に供給されていない。

中村哲医師が行った水利事業(その1)

医療と言えば「薬」や「手術」といったものを先に考えてしまうが、

それは、まともな衣食住があり初めて意味をなすものである。

中村哲医師は、アフガンの国民が人間的な生活を実現するために、

「衛生的な水」を確保しようと、約1600本の井戸を復旧、掘削した。

中村哲医師が行った水利事業(その2)

中村哲医師は、次に用水路を建設した。

ジャララバード(アフガニスタン東部の都市である。カーブル川とクナル川に隣接する)で

最初の用水路が完成した。

これにより、クナール川から引いた用水路により、農作物を栽培することが可能となった。

まとめ

中村哲医師の活動の甲斐もあり、村人の病気が減り、赤痢などの感染症が激減した。

しかし、アフガニスタンでは40年以上内戦や紛争が続いており、依然として問題は解消されていない。

今回の痛ましい事件によって、尊い命が失われてしまったが、

日本にいれば安全だから関係ない等と、対岸の火事と考えてはいけない。

不安定な国際情勢の中で生きる日本人も、戦争と命について見つめ直す良い機会ではないだろうか。

それと同時に、遠い異国の紛争地域で、疲弊した現地の国民のために尽力し、

輝かしい功績を残した中村哲医師のことを我々は決して忘れてはいけない。

看護学校の面接で気になるニュースまとめ

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事

高齢者の就労対策で一番評価を得ている国と、その方法とは?

今や高齢化社会は日本だけが抱える問題ではない。

2050年には全世界で高齢者が20億人超と予測されている。

高齢者の就労対策で一番評価を得ている国

全世界が高齢化社会で悩みを抱える中、一番評価されている国がスイスである。

スイスは、高齢者にとって過ごしやすい「生活の質」を保つために

国が高齢者の就労に力を入れているのである。

スイスが行っている高齢者の就労対策

高齢者が定年後にも、社会にかかわれる仕組みを作り

ボランティアや生涯学習・就労を推奨することで、

高齢者の孤独を避け、常に社会に必要であるポジションとして高齢者を扱っている。

また、スイスのこのような取り組みは、

WHOから高齢者の健康・参加・安全を保障する「アクティブエイジング」のモデルケースとされている。

日本の高齢者の就労の現状

日本は65歳を定年とし、その後の高齢者が働きやすい環境とは言いにくい。

確かに2025年を目標に

「住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができる」をモットーに、

「地域包括ケアシステム」の構築を進めているが、一般にはまだまだ浸透していない。

高齢者が自ら何歳でも働けるような環境づくりをしていかなければならない。

看護学校の面接で気になるニュースまとめ

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事

チェコで起きた奇跡!!脳死の女性から女の子の赤ちゃんが誕生

チェコで、脳死中の母親が女の子の赤ちゃんを出産したニュースです。

妊娠中に脳出血を起こした母親は病院で脳死と判断されましが、

およそ4か月後帝王切開により無事赤ちゃんが出産しました。

脳死とは

脳死とは、生きるために必要な

「呼吸」「循環機能の調節」「意識の伝達」が全て失われるものです。

彼女が出産するまでに必要だったこと

病院側は、出産までの期間、彼女の心臓や肺などを動かすために、

117日間人工的に心臓や肺を延命治療を続けた。

出産に至るまで誰が支えたのか。

その陰には「家族」や「看護師」「療法士」の努力に尽きます。

看護師がおなかの中で成長する胎児に直接「語り掛け」を行い

祖母がおとぎ話を読み聞かせ、

療法士は、生活をしているかのように女性の足を動かしました。

これこそチーム医療であると言えます。

この日々の地道な作業がお腹の赤ちゃんを成長させ無事産まれました。

看護学校の面接で気になるニュースまとめ

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事

100歳以上が7万人超。高齢者とは何をもって言うのか⁉

現時点で世界保健機関(WHO)は高齢者の定義を、65歳以上だとしている。

先日、厚生労働省から、日本国内には100歳を超える人が7万1238人に上ると発表とされた。

長寿国と聞けば聞こえはいいのだが、様々な問題が伴うのだ。

高齢者が高齢者を介護する時代

30~40代が60~70代の親世代の面倒をみるケースは一般的だが、

そのまま30年が経過して60~70代が100歳近い親世代の面倒を見なければならない時代になったのだ。

介護は精神的にも体力的にも相当負担になるため、

高齢者が高齢者を介護するという事は、想像以上に厳しいのである。

認知症が社会問題になっている

高齢による病、つまり「認知症」である。

先日、オランダのハーグ地方裁判所は、

2016年に認知症を患った高齢女性を安楽死させた医師に無罪を言い渡した。

賛否両論あるが、人類の高齢が社会全体に相当な負担があると伺える。

決して私たちも見て見ぬふりをできるニュースではない。

超高齢化社会に突入しようとしている日本

にとって考えさせられ大きなニュースである。

看護学校の面接で気になるニュースまとめ

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事