妊娠中の大豆摂取が与える子どもへの影響

Author:看護予備校KAZアカデミー

第3回〆切まで
56 days 04 hrs 29 mins 16 secs

妊娠中に大豆を摂取することで、子どもに良い影響を与えていることがわかりました。

本記事では、妊娠中の大豆摂取が与える子どもへの影響について言及していくものである。

1.妊娠中の大豆摂取の影響

これは、愛媛大学によって、妊娠中の大豆摂取が子どもの多動問題(情緒の安定・社交性の欠如)に予防的であることを確認したと発表された。

2.その研究内容とは

研究の内容は、妊婦に妊娠中の大豆やイソフラボンの摂取量を集計し、5年後(子どもが5歳児)には子どもの情緒や交友関係など、発達状況について25項目のアンケートに答えてもらうというものであった。

その結果、総大豆量とイソフラボン量の摂取が多い妊婦のグループほど、子どもが5歳になった時に、社交性がありの落ち着きもあると答えたそうだ。

3.この研究結果とこれからについて

胎児期の大豆摂取が幼児の発達に良い影響を与えていることが分かったことは画期的である。

そして、今後は妊娠中に摂取する食品の傾向を総合的にとらえ子どもの行動的問題を調べる予定だそうだ。

この研究からまた新たな発見があることが楽しみである。

4.まとめ

妊娠中に子どもが産まれてから、その子にはどんな教育をしよう、どんなことを習わせてあげよう、とたくさん思考を巡らす親たちも少なくないことでしょう。

しかし、産まれてからだけではなく、産まれる前段階から決まっているのであればできるだけ、不利がないようにしてあげたいものである。

この研究結果で、子どもについて頭を悩ませる部分が、また一つ多くなりましたね。微笑ましい限りだと、私は思います。

看護学校の面接で気になるニュースまとめ

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事