知ってて当たり前!?ニュースで取り上げられている医療言語は要チェック!!

Author:看護予備校KAZアカデミー

今回は

「在宅医療」

という、医療言語について

覚えておきましょう。

近年、日本の高齢化とともに、

医療言語が

ニュースや新聞でも

よく取り上げられています。

これから看護師になろうと

考えている人であれば、

知ってて当たり前・・・!?

なんてことになるのも

時間の問題です。

なので、

普段ニュースでよく使われている

医療言語の意味は、

軽くでいいので

覚えておきましょう。

それでは、説明していきます。

在宅医療とは

在宅医療とは、

患者様の

「ご自宅や老人施設にて医療行為を行うこと」

です。

実際に、通院が困難な患者様(高齢者)が

今の日本にはたくさんいる中で、

自宅で医療行為を行っていただけることは

非常に有難いことですよね。

患者様が住み慣れた環境ということもあり、

精神的にも安定した状態で

治療に専念できるので

症状の改善などに期待されている反面、

病院とは違い、

ご家族の負担が増えること

に関しては、

マイナス点とも言えます。

そして、

現在これを

第3の医療

とも呼ばれています。

このように病院外での治療などを全て

在宅医療とされています。

現在、在宅医療を受ける患者が

約18万人と言われていますが、

これからもっと増加する傾向にある

言われています。

看護学校の面接で気になるニュースまとめ

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事