赤ちゃんの脳性麻痺がお産時に使用した陣痛促進剤だった!?

Author:看護予備校KAZアカデミー

過去問動画解説・傾向と対策

この記事を読んでいる人の中には

既に、出産を経験して

その時に

「陣痛促進剤」を利用した経験のある人

もいるかもしれません。

陣痛促進剤を経験済みの方にとって

お題を見た時に

えっ・・・どういうこと!?

そんな気持ちになったかもしれませんが、

安心してください。

あくまでも、

「陣痛促進剤の適切な量」

が守られていなかった結果のことです。

どんな薬であっても

適切な量を守らなければ、

必ず事故になりますが、

それが今回は、

陣痛促進剤での事故でした。

出産は、陣痛が始まってから

すぐに赤ちゃんが顔を見せてくれる「安産の場合」

何日もかかる「難産の場合」があります。

難産にもそれぞれ原因はあるのですが、

・陣痛に問題がある場合
・産道に問題がある場合
・胎児に問題がある場合

とさまざまな原因が考えられます。

さらに、陣痛が始まってから

赤ちゃんが産まれるまでに長時間

かかってしまうと、

赤ちゃんの命の危険性も出てきます。

そこで、

赤ちゃんが産まれやすくするために

陣痛促進剤を利用したり、

場合によっては

帝王切開に至ったりします。

そして、今回ニュースで取り上げられたのは

「陣痛促進剤の分量を守られていなかったこと」

により

赤ちゃんが脳性まひ

を起こしてしまった

というニュースです。

この陣痛促進剤は患者様によって

効き具合の個人差もあり、

まれではありますが、

子宮破裂などが起こる場合もあります。

これだけ聞くと、

恐ろしい薬に聞こえますが、

あくまでも

基準量の範囲内で陣痛促進剤を

使えばこんなことにはならないと

日本産科婦人科学会などのガイドライン

では、伝えています。

当たり前のように使用されている薬だけに

今回の事例も含め、

再度見直す点が出てくるのかもしれません。

看護学校の面接で気になるニュースまとめ

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事