シンガポールの世界初の試み!これで糖尿病者と予備軍を救えるのか?

Author:看護予備校KAZアカデミー

先日、シンガポールでは国民の糖尿病を減少させるために

糖尿病対策として砂糖が多く含まれてる飲料の広告禁止を発表しました。

これは、シンガポールの人口の1割が糖尿病を患ったことが大きなきっかけとなっています。

糖尿病患者を救うには健康管理の伝達だけでは手遅れ。

今や、日本の糖尿病患者は予備軍を含め約1000万人と言われています。

国は糖尿病対策として病院などでは、

糖尿病のリスクに対するパンフレットを置くことを推奨しています。

しかし、糖尿病患者の増加傾向に歯止めが効いていないのが現実です。

糖尿病の主な原因の1つは糖分過多の飲料水

ジュース等には糖分が多く含まれていますが、

「糖分が多い!!」

なんて気にしながら飲んでいる人がどれほどいるでしょうか。

実際、私も飲み物を飲む時にカロリーなど気にしたことはありません。

糖尿病患者の予備軍を減らすためには。

企業は商品を売るために糖分がどれだけ多かろうが決して糖尿病のリスクについては触れずに広告します。

そこで、過剰な糖分が含まれる糖尿病のリスクがある商品の広告を事前に禁止にするだけで、

糖尿病のリスクを減少させることはできるかもしれません。

まとめ

健康は自分自身で管理する必要もありますが、

糖尿病患者を現象させるにはシンガポールのように国を挙げた対策も必要なのかもしれません。

看護学校の面接で気になるニュースまとめ

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事