繰り返される自然災害「再び最上川の氾濫」

Author:看護予備校KAZアカデミー

2023年 第1回〆切まで
172 days 02 hrs 46 mins 20 secs

2028年頃の完成を目指して堤防整備は進められていますが、8月3日午後から降り続いた雨により、橋や線路が落下し、住宅や田畑が浸水しました。

自然災害は、心身ともに疲れさせ、うつ病・不安障害・心的外傷後ストレス障害(PTSD)を発症させる可能性もあります。

看護受験を目指す受験生は、「うつ病・不安障害・心的外傷後ストレス障害(PTSD)」これら3つの言葉の意味は、必ず覚えておきましょう。

最上川の過去の氾濫について

山形県を流れる最上川は、「母なる川」として流域に暮らす人々にさまざまな恵みを与えてきました。

しかし、江戸時代には7年に1回の割合で氾濫(洪水)を繰り返してきた「暴れ川」です。

看護 予備校 KAZアカデミーが作成。看護受験に役に立つ学習一覧

看護学校の面接で気になるニュースまとめ

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事