全員ワクチン接種完了者7人の命を奪った「ミュー株」は危険。

Author:看護予備校KAZアカデミー

第1回〆切まで
167 days 10 hrs 47 mins 42 secs

新型コロナウイルスにより日本は災害レベルになっている。

ワクチンを打てば、新型コロナウイルスにはかからないとついつい安心してしまうが、

ワクチンを打っても感染することは覚えておくべきだろう。

なぜならば、ウイルスはどんどん変異するからだ。

今年1月には南米コロンビアで初めて報告された変異ウイルス「ミュー株(Mu)」がベルギーの老人ホームで7人の命を奪った事例である。

命を奪われた全員がワクチン接種を完了していたということである。

そして、ニュースが流れる度に思うが、なぜ今年1月に起きたニュースが現在9月に流れるのかである。

すでに8か月間も経っているのである。8か月もあれば十分に蔓延しているであろう。

現在流行しているデルタ株も、今年3月に、インドで感染爆発していたのでその時点で対策をとっていればここまでの猛威を振るってはいないだろう。

全てが後手後手である。

現在ワクチンを接種を促すために国は色々な対策をとっている。

しかし、ワクチンを接種した人たちが安心し、ウイルスをまき散らしているのであれば、あっという間に国内全員が感染してしまうだろう。

新型コロナウイルスという見えない怪物に打ち勝つには、一人一人の注意がさらに必要と感じた気になるニュースだった。

看護学校の面接で気になるニュースまとめ

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事