今流行の「帯状疱疹」!!年間50万人の高齢者の神経を蝕む前に予防と対策。

Author:看護予備校KAZアカデミー

帯状疱疹とは

帯状疱疹は、小さな水ぶくれが帯状(おびじょう)にあらわれる病気です。

発生部は腹部だけに限らず「頭部から下肢」まで人によって出てくる部分も異なり、

見た目は皮膚を覆い腫れ上がり、体内から継続した激痛に見舞われます。

帯状疱疹が起こす身体への負担

一度、帯状疱疹にかかると完全に完治することは難しいと言われ、

数カ月は痛みと共にする毎日が続きます。この痛みはケガによる痛みとは異なり、

日常生活にまで大きな支障をきたします。

また、表面上、帯状疱疹の傷がが治ったように見えても、

痛みが永遠に消える事の無い「帯状疱疹後神経痛」という物もあり、

高齢者にとってこの痛みと戦うことは極めて困難だと言えます。

帯状疱疹の予防と対策

帯状疱疹には50歳以上から予防接種が用意されているので、

早めに受けることをお勧めします。

50代、60代、70代と加齢に伴って帯状疱疹にかかる高齢者が増加します。

私の周りにもたくさんの高齢者が帯状疱疹に悩まされ、日々苦しんでいる姿を目にしています。

まとめ

帯状疱疹は、よくある怪我のような「外部からの痛み」ではなく、「内部からの痛み」により、

まるで刃物でずっと刺されているかのように傷むのです。

その上、一度かかってしまうと完治することは極めて難しい病気なので、

早めに予防接種を打ち未然に防ぐことが重要だと思います。

看護学校の面接で気になるニュースまとめ

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事