インターネットで販売されている薬は本当に大丈夫?購入先には要注意!!

Author:看護予備校KAZアカデミー

過去問動画解説・傾向と対策

近年、インターネットでも、薬品を購入できる時代になりましたが、

それと同時に、海外の薬品も日本にたくさん輸入されています。

日本製だと、どうしても高価な薬ですが、

輸入製品であれば、安価に手に入れることができます。

そこで、今回は、インターネットで、インド製と表示されている

「経口妊娠中絶薬」を服用した、女性が

多量の出血とけいれん、さらに腹痛

の健康被害におかされていました。

この被害が発端となり、中絶薬を個人輸入することを厚生労働省は禁止にしましたが、

まだまだ、グレーなゾーンもあり、インターネットでの購入で、

気を付けなければならないこともあります。

今回は、死に至るケースではありませんでしたが、

販売する側も購入する側にも、多くの知識を求められる世の中になるかもしれません。

看護学校の面接で気になるニュースまとめ

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事