やはり無痛分娩にはリスクがあるのか?妊婦死亡相次ぐ

Author:看護予備校KAZアカデミー

baby

過去問動画解説・傾向と対策

女性にとって、小さな命を授かる「妊娠」そして、おなかの中で共に過ごし、出産前に至るまでも、非常に大変なことです。少しでも、出産時の女性の痛みを軽減するために「無痛分娩」が近年、増加していました。

しかし、出産時の痛みを少しでも和らげるための「無痛分娩」で死者や重い障害が残る事故が判明しました。これにより、無痛分娩にはリスクがあることが判明し、今後の大きな課題を残しています。

「無痛分娩」で事故がなく、出産できた方によると、通常の出産は痛みに耐えきれず自信がないとの意見もあり、少子化を少しでも軽減するためにも女性にとって、痛みを伴わない「無痛分娩」精度を上げていきたいところでもあります。

無痛分娩とは

無痛分娩は、出産時に麻酔薬を使用し、極力母体の陣痛を和らげる出産法になります。麻酔にいより、完全に意識が遠のくわけではなく、痛みを和らげる効果をさせ、母体の意識はもちろん、ある状態です。

また、自然分娩とは違い、無痛分娩は、分娩日の日取りなども前もって決め計画的に行うので、出産日もわかることで安心した毎日を過ごせることもメリットでした。

看護学校の面接で気になるニュースまとめ

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事