これから注目されるオンライン診療!!利用者の不安は!?メリットデメリットはこれ。

Author:看護予備校KAZアカデミー

皆さんが、風邪やどこか具合が悪くなった時、現時点では、「近くの病院で先生に診療してもらう」

これが、普通ですよね。

しかし、徐々に日本の人口の減少や、少子化などの影響で、「過疎化の地域」も増えてきています。

人口が少ない地域に、病院の先生が一人ずつ、常に滞在しているということも、

中々難しい状況ですよね。

そこで、近年目覚ましい成長をしているインターネットを活用することで、

「いつでも先生が診療してくれる」そんな、夢のような時代が、近づいてきています。

オンライン診療とは?

オンライン診療といっても、初診は必ず対面し、その後オンライン診療と移行していきます。

しかし、オンライン診療では、触診はできませんよね?

なので、できる限り、

患者様の症状が安定していること。

が、オンライン診療の利用の条件に含まれています。

現在、禁煙外来などで、病院を利用している人にとっては、健康上リスクは少ないので、

オンラインだけで行えるのは非常に助かりますよね。

オンライン診療のメリットは?

通常であれば、診療してもらうには、必ず病院に足を運ぶ必要があります。

しかし、オンライン診療があれば、

いつでも、どこでも先生と予約さえできれば、

診療してもらうことができます。

例えば、妙に肌がかゆい・・・血圧が高い・・むくみがある・・・

でも、忙しいあなたであれば、おそらく放置してしまうこともあるかもしれません。

しかし、病院に行かずしても、これらを先生に診てもらうことができれば、

日常の不安は解消されますよね。さらに

・通院時間ゼロ・待ち時間ゼロ・どこにいても遠隔で診療してもらえる

これは、患者様にとって、最大の魅力ですよね。

オンライン診療は、まだまだ、発展途中なので、今後の進展にますます期待が高まります。

オンライン診療のデメリットは?

オンライン診療のデメリットととしては、やはり、生死にかかわる大きな病状には利用できない点でしょう。

さらに、どこまでを、オンライン診療として「OK」を出すのか?

そして、通常よりも通院の回数が増えることもあるかもしれません。

例えば、患者様の

利用するモニターにとっては、写り具合がはっきりしない場合

もあるかもしれません。

その際は、必ず病院に通院することを言い渡されることもあるでしょう。

そして、個人情報がどこまで、守ることができるのか?

これも、オンライン診療の課題となっていきます。

診療の場所を選ばないということは、それなりのリスクもあるかもしれません。

オンライン診療のまとめ

間違いなくこれから、オンライン診療はどんどん発展していくと思いますが、

幾度となく難題が降りかかってくるかもしれません。

これから、高齢化社会が進む中で、家族の支えとなっていくのは、やはり、医師の存在であります。

医師との連携を円滑にすることができる、オンライン診療は見どころがたくさんあるでしょう。

看護学校の面接で気になるニュースまとめ

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事