多くの人が知らなかった「不妊手術強制問題」何が正しくて、何が間違いなのか!?

Author:看護予備校KAZアカデミー

過去問動画解説・傾向と対策

現在、不妊手術強制問題について、大きく問題になっています。

不妊手術強制問題とは、「精神障害や知的障害」を患っている患者様から、妊娠する権利を奪ったものである。

通常であれば、許さることではありませんが、旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術をさせられた、患者様が多数いることがわかりました。

通常憲法13条では

「すべて国民は、個人として尊重される。生命や自由そして、幸福追求に対する国民の権利を、最大に尊重する」

とされています。

その中での「不妊手術強制」は大きな問題であります。しかし、手術後の資料は見つかっておらず、これからの論議が注目されます。

ポイント:①
不妊手術強制とは、遺伝性疾患や、遺伝性ではない精神疾患や知的障害があるとみなされた人には、医師が申請すれば、審査会後に実施が認められていた。

ポイント:②
本人の同意が不要だったこと。

ポイント:③
優生保護統計において、1949~92年に全国で計約1万6500件の実地。

看護学校の面接で気になるニュースまとめ

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事