信頼していた原薬メーカーに中国製混入。

Author:看護予備校KAZアカデミー

medicine

過去問動画解説・傾向と対策

恐るべし、原薬メーカーが届け出なしで生産製造。

一見、薬は外見から判断することは難しいですよね。中にどのような粉や液体が使われているかは、薬その物を信じなければなりません。

その信頼している薬が、変更の届け報告なしで、中国製の安価である解熱鎮痛成分「アセトアミノフェン」をしようされていたのは驚きですよね。

安いからダメだということは、決してありませんが、薬機法では、薬の製造方法や使用原料を必ず、「医薬品医療機器総合機構(PMDA)」に届けなければなりません。

そして、方法や原料の変更がある際にも、もちろん届ける必要があります。元々、「山本化学工業」はPMDAに米国産などの原料で、届けを出した上、和歌山市内の工場で製造していました。

しかし、約8年前から変更していたので、アセトアミノフェンの商品の国内の生産量の中心は、「山本化学工業」なので、多くの人が既に、服用しているかも知れません。

現在のところ、これにより、影響を受けた報告はないようですが、アセトアミノフェンには、高熱に効き、痛みを和らげたりする効果があることで、多くの人に利用されています。

そして、副作用の影響もあまりありませんので、お子様の風邪薬な主成分にもなっています。

まとめ

薬に関しては、色々なニュースが飛び交っています。素人目で見ても判断できないものが、世の中にはたくさんあるのも事実です。

製造している彼らを信じなければ、一般市民は生きていくことができませんので、安心できるニュースがほしいものです。

看護学校の面接で気になるニュースまとめ

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事