マライア・キャリーが双極性障害。誰もがあこがれた7オクターブ歌手になぜ?双極性障害とは。

Author:看護予備校KAZアカデミー

過去問動画解説・傾向と対策

現在、アメリカの人気歌手である、マライア・キャリー(48)が

双極性障害(そううつ病)を患い闘病生活に入っていると、言われました。

多くの人が、一度は絶対に聞いたことがある

クリスマスソング「恋人たちのクリスマス」やその他にも、有名な曲は数知れずです。

私も、一度コンサートに行かせて頂いた経験があります。

しかし、年齢が立つとともに、人には、知らず知らず病魔がやってきます。

今回、マライアキャリーを襲った病魔は、双極性障害(そううつ病)であります。

マライアキャリーを襲った病、双極性障害(そううつ病)とは

双極性障害とは、うつ病とは違い、気分の上下を繰り返したりします。

例えば、躁状態になると、気分が高まり、誰にでも話しかけたり、ギャンブルでお金をすべて使ってしまったり、

いきなり喧嘩を始めたり、人が持っている欲望をすべて満たそうとする期間が続きます。

逆に、躁状態から、うつの状態になると、ずっと何事もやる気が起こらない状態が続き、

すべてにおいて無関心な期間が続きます。

通常であれば、考えれないことかもしれませんが、

悩みを抱えてたり、頭痛の発症や、精神的バランスを崩すことから、

双極性障害(そううつ病)になる可能性が疑われています。

しかし、実際に研究がそれほどまで進んでいなく、

何が原因なのかは、わからないままであることも事実です。

マライアキャリーを襲った病、双極性障害(そううつ病)の発症割合は!?

実際に、私が今まで生活してきた中でも、双極性障害(そううつ病)の人

話すこともたくさんありました。

意外と知られていないかもしれませんが、海外では、

100人に一人が、双極性障害(そううつ病)にかかると言われています。

さらに、日本では、比較的、双極性障害(そううつ病)の割合は少ないのですが、

500人に1人に双極性障害(そううつ病)を患う可能性もあります。

ストレスの蓄積と、悩みを1人で抱え込むことが、

精神のバランスを壊してしまうので、できるだけそうなる前に、

うまくストレスを解消することを心がけましょう。

マライアキャリーを襲った病、双極性障害(そううつ病)に年齢は関係あるのか!?

マライアキャリーを襲った病、双極性障害(そううつ病)に年齢は関係ないんですよね。

マライアキャリーの年齢が(48)歳ですが、最も多く発症するのは、

20代から30代前後と言われています。

やはり、学生時代から、社会人になり、精神的なバランスが難しい年齢に起こりやすいとも言えますね。

しかし、若年層から老人まで、幅広い年齢で、発症してしまうので、とにかく油断は禁物です。

看護学校の面接で気になるニュースまとめ

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事