2次関数 : グラフを書いてみよう!!
「グラフの書き方のコツはこれでわかる巻」vol.3

Author:看護予備校KAZアカデミー

第3回〆切まで
14 hrs 40 mins 10 secs

前回は、なぜ

「1次関数と2次関数」のグラフが異なるのか!?

を説明しましたよね。

では、

今回はグラフを書いてみましょう。

2つの問題を用意したので

解いてみて下さい。

それでは、

まず1問目。

これは、「1次関数」と「2次関数」どちらですか?

そうです。

「1次関数」

ですよね。

ということは直線の式になります。

「1次関数」のグラフの書き方のコツは、

まず

切片を決めること。

で、

どこに点を付けるのか!?

このオレンジの位置になります。

そして、

もう一つの点の取り方ですが、

せっかくなので、

式から点を見つけたいと思います。

でもその前に、

一箇所だけ注目すべきところ

があります。

この部分を分数にしておくと

楽に、もう一つ点を取ることが出来ます。

解りやすいように

色を付けてみますね。

分数の通りに、

切片の位置から進むだけで

もう一つの点が取れましたね。

後は、結んであげるだけでOKです。

これで、一次関数は出来上がりです。

では、2問目です。

これは、どっちのグラフですか?

そうです。

2次関数ですよね。

もし見分け方を忘れた人がいれば、

前回の「2次関数の見分け方」

見直してくださいね。

で、

先ほどと同じように

グラフだけを見て書きたいところ

なのですが、

残念ながら2次関数は無理なんです。

なので、

式から計算して点を取らなければなりません。

面倒くさいな・・・

なんて思いましたか?

でも、そんなに多く計算する必要はありません。

大体、【1・2・3】ぐらいまで計算すれば

グラフを作ることができます。

それでは、この表を見ながら点を取ります。

点を取ることはできましたか?

後はこの点を結んであげます。

但し、

2次関数は曲線

なので注意してくださいね。

できましたか?

曲線を上手に書けるまで、

少し時間がかかりますが

曲線を上手にかけた時には、

2次関数が理解できている頃合いでしょう。

看護 予備校 KAZアカデミーが作成。看護受験に役に立つ学習一覧

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事