2次関数 : 放物線の平行移動①
「高校数学:放物線を重ねてみようの巻」vol.13

Author:看護予備校KAZアカデミー

第1回〆切まで
167 days 10 hrs 45 mins 08 secs

二次関数も徐々に難しくなってきたように

感じますか!?

知らない言葉がたくさん出てくると

「わからない = 難しい」

このように感じてしまうんですよね。

そうではなく、

この1問を理解することができれば、

看護学校の入試で合格できる確率が上がる。

このように考えると、

チャレンジしようと思えます。

難しい問題を理解すればするほど

あなたは看護学校の受験に合格することができます。

それでは、

今回は、放物線を移動して重ねてみたいと思います。

放物線の移動は頂点だけみればOK。

では早速、例題を見てみましょう。

文章題が苦手な人は、

この時点で拒否してしまうかもしれませんが、

それは、すごく損をしています。

その理由は、

無茶苦茶簡単だからです。

何が簡単なのか!?

では、その前に

この二つの放物線の頂点はわかりますか!?

この「ピンクの部分の反対」と「緑の部分」

が頂点でしたよね!?

覚えていてくださいね。

それでは放物線を書いてみます。

色分けをしてみました。

同じようになりましたか!?

では、もう一度問題を読んでみましょう。

二つの式のグラフを重ねるにはどうすればよいのか!?

と聞いているので、

このように

頂点だけ移動すればグラフを重ねることが出来ます。

そして最後に、

答えを書くときはどのように書けばいいのかというと、

移動した方向のことだけを答えてあげましょう。

x軸に「2」方向移動,y軸方向に「3」動かせばよい

と書くだけで終了です。

看護 予備校 KAZアカデミーが作成。看護受験に役に立つ学習一覧

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事