高校生が看護学校の受験で合格に必要な事

Author:看護予備校KAZアカデミー

koukosei1

高校生で看護学校の受験を合格するための心得

過去問動画解説・傾向と対策

看護学校の受験ステップ①

高校生で看護学校の受験を合格して、看護師になるには、まず現在皆さんが通われている高校の授業をしっかりと勉強しておかなければなりません。高校生の勉強をしっかりとすることで看護学校を合格しやすくなります。

その中でも、意識して重点的においてほしいのが、数学・英語・国語勉強です。看護学校の試験には、中学・高校で習った勉強が看護学校の入試で出題されます。

入試問題は、癖のある問題もたくさん出題されますが、看護学校の受験問題は基本的に、学生時代の勉強がベースになります。高校で習っている内容が把握できていなければ看護学校の受験に失敗してしまいます。上記の教科に関しては、手を抜くことなく行ってください。

看護学校の受験に合格するには、高校の積み重ねが大切です。

もっと詳しい勉強法について詳しくはこちら »

看護学校の受験ステップ②

高校生は、社会人とは違い、推薦入試を利用することができます。推薦入試を利用することで、看護学校の受験を何度か行うことができます。

通常は、同じ看護学校を受験するときに、一般試験の前期・後期のように2回のテストのみになりますが、推薦入試をうまく利用できると看護学校の受験のチャンスが増えます。
看護学校は筆記テストだけでなく、面接試験があります。看護学校の面接試験は面接官との相性もありますので、いくら筆記テストができても、落ちる可能性がたくさんあります。

また高校3年間しっかりと頑張っていれば、指定校推薦などを受けれる場合、指定校推薦を取得できれば、看護学校の面接だけで合格できる場合もあります。

しかし、誰でも指定推薦を受けれるわけではなく、看護学校が推薦する評定平均をしっかりととらなければなりません。

それ以外にも、公募推薦・AO入試・特別推薦など色々推薦にも方法があり、利用できるものもあるかもしれませんので学校の進路担当の先生にきいてみましょう。

もっと詳しい推薦入試についてはこちら »

看護学校の受験ステップ③

高校生が看護学校の受験で特に気をつけなければならないのが、看護学校を受験するときの、面接試験と志望動機書の作成です。

現在皆様の通われている高校で、毎年看護学校を受験して合格している場合は、高校の学校の先生も看護学校の面接の難しさと厳しさを理解していると思います。

しかし、もし看護学校の合格者をあまり排出していない高校であれば、看護学校の受験に必要な面接と志望動機書を作る知識が、少し薄い場合もあります。

志望動機書と面接は非常に重要ですので、その際は、看護学校の看護学校受験専門の看護予備校に相談することをお勧めします。

高校生が看護学校の受験で最も苦労するのが志望動機書と看護面接です。

もっと詳しい志望動機書作り方はこちら »

看護受験生の皆様にお知らせ!!

11月25日から12月6日の期間には第四回 全国統一看護模試があります。
いよいよ一般試験本番。と、その前に模試で入試本番さながらの
リアルな受験問題に慣れるチャンスです。
一年間頑張った受験勉強の成果をここでぶつけて
「一般入試」に挑みましょう。
模試はあなたの足りない部分を教えてくれるツールなので
あなたを確実に成長させてくれます。

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事