高校生で看護学校の受験を合格するための現状と将来性

Author:看護予備校KAZアカデミー

kangojuken-ko8

高校生で看護学校の受験を合格するための現状と将来性

過去問動画解説・傾向と対策

高校生が看護学校の受験に合格できる現状

高校生が看護学校の受験で、現役合格の現状は、なかなか厳しい状態です。各、高校の学校の先生も、看護学校に合格するのがこれほどまで困難になっているとは、最近まで思っていませんでした。

昨今、どこの会社も安定し、何年間も経営維持できる状態が簡単ではありません。日本が誇るシャープでさえ、経営が厳しく、海外の会社に買収される時代であります。

もちろん、現在伸びていっている会社もたくさんありますが、昔のように、多くはありません。現在、日本は高齢化社会から超高齢者社会に進み、看護師の不足をしています。

看護師が不足しているということは、まだまだこれから先も、看護師は安定した職業ととれるでしょう。

その影で、看護学校を受験し、安定した職業に就きたいと思う10代から40代までの方が大変増えています。そして、何よりも、看護という仕事は、医療現場で命を預かる仕事ですので、きっちりと実習も含め勉強しなければなりません。

実習をメインで必要としている限り、多くの学生を、一度に入学させることができないので、看護学校の受験倍率が非常に高くなっています。

看護学校の受験に成功することは、年々難しくなっています。

しかし、当 看護予備校は、この高倍率の中でいかに合格できるかを考えながら、毎年多くの学生の、看護学校の受験に合格させています。

高校生が看護学校の受験で成功した将来性

高校生が看護学校の受験に成功すれば、もちろん、多くの方が看護師になられています。看護学校に合格すると看護師に慣れるといってもいいでしょう。

もちろん、国家試験の勉強は、大変ですが看護学校でじっくりと学ぶことができます。看護学校では、実習もふくめ医学の学習をし、皆様を立派な看護師として育ててくれます。

そして、看護師になれれば、現状では、就職に困ることはないでしょう。

このように、就職に困らないこと、そして転職もしやすいので、看護学校の受験に合格し、国家資格をとるまでは、大変ですがその後は非常に安定しています。

看護受験生の皆様にお知らせ!!

11月25日から12月6日の期間には第四回 全国統一看護模試があります。
いよいよ一般試験本番。と、その前に模試で入試本番さながらの
リアルな受験問題に慣れるチャンスです。
一年間頑張った受験勉強の成果をここでぶつけて
「一般入試」に挑みましょう。
模試はあなたの足りない部分を教えてくれるツールなので
あなたを確実に成長させてくれます。

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事