高校生で看護学校の受験を合格するための1日の勉強法

highschool-day

高校生で看護学校の受験を合格するための1日の勉強法

高校生が看護学校の受験に合格するための時間の活用

高校生が看護学校の受験を決めた時、皆さん受験勉強をしていきますが、ただ、勉強すればいいというものではなく、いかに効率よく勉強するかが大切です。

それは、スキマの時間をいかに使うかですよね。

もし、今まで、学校の休み時間に何もしていないのであれば、問題を一問でもいいので解いてください。

休み時間は、1日合計で約6回ぐらいはあると思います。そうすると一日の休み時間で6個の問題ができるので、1ヶ月を20日間と考えただけでも6×20の120個は他の受験生と差が付きます。

もし半年間続ければ120個×6ヶ月なので720個

簡単にはできない数字ですよね。隙間の時間を使うだけで、これだけの差が出ます。

看護学校の受験には数学をメインとして英語・国語・志望動機書作成・面接練習をしなければならないので効率よく受験勉強するには、上手に時間を見つけましょう。

高校生が看護学校の受験に合格するためには習慣をつけること

高校生が看護学校の受験に合格するためには、必ず、勉強の習慣をつけなければなりません。皆様は毎日歯を磨きますよね?それは誰かに何かを言われて歯を磨くのではなく、寝る前には、朝起きたら、などの決まった時間になれば、これをするとかってに習慣づいていませんか?

この習慣漬けが看護学校の受験で合格するために何よりも大切なことです。

勉強が嫌いな方は沢山いらっしゃると思いますが、この習慣漬けをすることにより、びっくりするほど勉強が進むようになりますし、学んだものを忘れにくくしてくれます。毎日、自分の時間のどこかに習慣漬けて下さい。

習慣づけのコツですが、時間・場所を固定するのが一番安定します。

高校生が看護学校の受験に合格するためには勉強時間の増加

高校生が看護学校の受験に合格するためには、勉強の時間を増加しなければなりません。でもいきなり、6時間勉強するんだ。なんて思うと辛いですよね。では、どのようにすれば受験勉強の時間を増やすことができるのか?

上記のようにまず初めは、少しずつでいいので、看護学校の受験勉強の習慣漬けること。そしてそれに慣れてきたら

ページ数を決めたり、単元を決めたり、自分自身にノルマをつけていきましょう。

時間数の方がすっきりする人はそれでも構いませんが、時間を指定するよりも、ページ数や単元をノルマにした方が、終わった後に達成感がでてきますので、翌日も頑張ろうと持続性がでます。

看護受験生の皆様にお知らせ!!

5月25日から6月6日の期間には第一回 全国統一看護模試があります。
受験勉強が始まり、まだまだ未知数の中で自分の実力を知っておくことは非常に重要です。
看護入試に向けてどれぐらいの学力が必要なのかチェックしておきましょう。
「社会人入試」「公募入試」にむけて、今はあなたの実力を確認しておく期間です。
模試はあなたの足りない部分を教えてくれるツールなので
あなたを確実に成長させてくれます。

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事