看護学校の受験で、高校生が受ける看護面接とは。

kangojuken-ko10

看護学校の受験で、高校生が受ける看護面接とは。

高校生が看護学校の面接官に見られているところ

看護学校の受験の面接で、高校生が見られているところは、何と言っても、絶対に看護師になりたい気持ちがどれぐらいあるかです。

例えば、人助けの仕事がしたいから看護師になりたい。

人助けの仕事がしたい看護師になりたいではないですよね。

これ、看護学校を受験される方のあるあるです。実際に、人の助けをする仕事は、他にもたくさんあります。そして、看護学校の面接でも面接官からこのように言われます。

医療系で例をあげると、整体師も患者様が困っている痛みをとる仕事なので人助けですよね?

このように、「人助けの仕事をしたい」という言葉から派生させて、他の職業につながるような解答では、看護師にはなれません。

看護学校の受験の面接では、あなたが本当に心から看護師を目指したい、そのような、覚悟のある高校生が現役で合格することができます。

高校生が看護学校の面接官に試されること

看護学校の受験で、高校生が面接で試されることは、人間性です。まだ、社会人経験のない、皆さんにとって、どのように人と接していけばいいかなどは、未経験だと思います。

特に、一度も話したことのない人と、しゃべることは難しいですよね。しかし、看護学校に合格し、卒業すれば、同時に、皆さんは看護師になります。

今まで、学校の「先生」や「友達」以外にあまり話したことのない人が、いきなり、患者様や患者様の家族と話すことになります。

高校生が看護学校の受験面接では、このように「人と話せる人間性」や「その他たくさんの適正」を見られていますので、人と話すのが苦手な人は、今からでもできるだけ、色々な、人と話すことを練習しておきましょう。

看護学校の受験面接は、いくら筆記テストができていても、面接官の質問に答えれなくなり、無言になった瞬間、不合格の確率が上がってしまいます。看護学校の面接で、緊張することには問題ありませんが、無言になることは問題あります。

高校生が看護学校の面接合否につながる

当 看護予備校も、よく学生さんから、どうして看護学校の受験には、面接が必要なの?そして、なぜ看護学校の受験では、変わった質問が聞かれるの?など聞かれます。

しかし、よく考えてみて下さい。看護学校の受験に、合格するということは、ほとんどの皆さんが看護師になるということですよね?

これは、必然的に入社試験のようなものです。

ほとんどの方が、受験で合格した、看護学校に付属している大学病院などで働きます。看護学校の受験に合格するが、看護学校に入った後、すぐに看護学校を辞めるような、新入社員は困りますよね?

看護学校側も、実習などの人数合わせなどで、非常に困ります。そして、大学病院側にも失礼になります。看護学校を受験して、合格を目指しているということは、誰よりも看護師になりたいという熱意のある子でなければなりません。

途中の、勉強や実習ですぐにあきらめてしまう方には、できるだけ入学してほしくありません。その熱意を試めされているのも看護学校の受験で行われる面接です。

看護学校に合格したい方は、絶対に看護師になりたい思いを看護学校の面接官に伝えましょう。

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事