高校生で看護学校の受験を合格する人の特徴

kangojuken-ko4

高校生で看護学校の受験を合格する人の特徴

看護学校の受験を合格する人は気持ちを察するのが得意

高校生で看護学校の受験を合格できる人の特徴は、人の気持ちを察することができる人です。まだまだ若いので、相手のことを考えることも難しいとは思いますが、看護学校に受験する限りそんなことも言ってられません。

なぜなら看護師の仕事は、患者様や患者様のご家族との触れ合いが多くなってきます。その中で相手を不愉快にだけは、してはいけません。中には、人の気持ちに気付かない人もいますが、気付かない人は看護師に不向きです。

相手の気持ちを考えられる人こそ、痛みを分かち合い、患者様の支えとなれるでしょう。

看護学校の受験を合格する人は計画を綿密に立てる方である

看護学校の受験に合格できる人は、計画を綿密に立てれる方です。なぜなら、看護学校の受験までにすることは、筆記テストの勉強だけではありません。受験の日程までに効率よく、勉強と面接と志望動機書の3種類をこなせるかが勝負になります。

勉強だけに気を取られて、面接と志望動機書が作成できていなければ不合格になってしまいます。

筆記テスト勉強・面接・志望動機書の3種類

をこなせるかは、しっかりと計画を立てなければなりません。

看護学校の受験を合格する人は人の態度や気持ちに敏感

看護学校の受験で合格できる人は、相手の態度や気持に敏感に反応できる人が多いです。看護学校の受験で行われる面接では、面接官が何を考えて、皆さんに質問をなげかけてるのかを考えなければなりません。

学校によっては、単独面接とグループ面接の両方を行うところもあります。看護学校のグループ面接では、自分自信もアピールする必要がありますし、周りの方が何を考えているかを敏感に感じなければなりません。

自分本位だけの面接をしてしまうと、上手くかいないでしょう。

しっかりと周りの判断をし、その上、自分をいかに上手くアピールするかを看護学校の面接官は見ています。

看護学校の受験を合格する人は相手にあわせて愛想良く振る舞える

看護学校の面接官は皆さんの人間性を見ています。例えば、いつも病室で顔のこわばった看護師さんを見るのは嫌ですよね?病院は健康な人が集まる場所ではなく、何か痛みを抱えている人が通われる場所です。

もちろん、病気が治ることが一番ですが、看護師さんの元気や、笑顔を見ることで患者様も癒されます。笑顔が少ない方は、できるだけ笑顔を練習しましょう。笑顔は人を幸せにします。

看護学校は、看護師としての第一歩になりますので面接で、いろいろな適性を見られています。

看護受験生の皆様にお知らせ!!

7月25日から8月6日の期間には第二回 全国統一看護模試があります。
夏は「社会人入試」「公募入試」にむけて、あなた自身の実力を確認しておく期間です。
看護入試に向けて後どれぐらいの学力が必要なのかチェックしておきましょう。
模試はあなたの足りない部分を教えてくれるツールなので
あなたを確実に成長させてくれます。

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事