看護学校の受験を目指す高校生が志望動機書を書く前に知ること

Author:看護予備校KAZアカデミー

kangojuken-ko15

看護学校の受験を目指す高校生が志望動機書を書く前に知ること

過去問動画解説・傾向と対策

看護学校の受験まで自分が経験してきたことをピックアップ

高校生が看護学校の受験を行う時に、必ずといっていいほど志望動機書を書かなければいけません。しかし、いきなり、看護学校に提出する志望動機書を書くことは非常に困難です。

そこで大切なことは、自分がどういった経緯から看護師を目指そうと思ったのかを、紙面上にピックアップしてください。恐らくいくつか選択肢が出てくるのではないでしょうか?

    1. 例えば、
    2. 自分が幼少時代に事故で入院した時の看護師さんの対応を見て看護師を目指そうと思った。
    3. おばあちゃんが入院している時、自分の家族に対する看護師さんの対応を見て看護師を目指そうと思った。

など、看護師になりたいと思った理由があると思います。

しかしここで注意してほしいことは、看護師になりたいと思った理由は、一つだけではないと思います。志望動機書は、何としてでも自分が看護師になりたい理由を明確に伝えなければなりません。

そして、しっかりとした志望動機を伝えることができた人だけが看護学校の受験に合格できると思ってください。上辺の理由では、不合格になるでしょう。

看護師になりたいと思った理由を、自分の中で、一番伝えやすく、書きやすい理由を選択しましょう。

看護学校の受験の志望動機書はコピペ厳禁

高校生が看護学校の受験で志望動機書を書いていきますが、どうしても志望理由が見つからない場合、コピペをしてしまうことがあります。

しかし、これは絶対にしてはいけません。その理由は、他人の看護師になりたい理由を、志望動機書に書いた場合、もし面接で、掘り下げて質問されたらどうしますか?

おそらく、答えることができないでしょう。もし現在、大雑把に看護師になりたいと思うが、全く志望動機書に書く理由が、思い浮かない場合、今すぐ経験してください。

病院に見学にいって、看護師さんの働いている姿を見るだけでも、立派な志望動機になるのではないでしょうか?

看護学校の受験の志望動機書は自分の分身

高校生が看護学校を受験する時に、志望動機書を軽視している方をたいへん多く見られます。看護学校の受験に必要なのは、まず初めに筆記テストが重要ですが、その後に重要になってくるのが、二次試験の面接です

看護学校の受験の合否は、テスト50%面接50%だとも言われています。

面接では、何の質問をされるかというと、自分自身が書いてきた志望動機書をもとに、面接されます。もちろんそれ以外のこともたくさん聞かれますが、まずは、看護学校の面接官も、志望動機書を参考にします。

看護学校の受験で、志望動機書を適当に書いてしまうと、自分自身も質問に答えることができなくなるので、自滅してしまいます。

また、筆記テストの出来が悪くても、皆さんの分身となる志望動機書が、看護学校の受験を合格に導いてくれる事もありますので、筆記テスト同様にじっくりと時間をとって作成してください。

看護受験生の皆様にお知らせ!!

11月25日から12月6日の期間には第四回 全国統一看護模試があります。
いよいよ一般試験本番。と、その前に模試で入試本番さながらの
リアルな受験問題に慣れるチャンスです。
一年間頑張った受験勉強の成果をここでぶつけて
「一般入試」に挑みましょう。
模試はあなたの足りない部分を教えてくれるツールなので
あなたを確実に成長させてくれます。

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事