高校生が看護学校を受験して、看護師を目指す最短距離。

kangojuken-ko1

高校生が看護学校を受験の合格まで最短距離

合格のための心得

高校生が看護学校の受験を成功するには、勉強だけではなく、人柄や、判断能力、熱意などが求めらます。看護学校に合格した後は、看護師として働くので受験の面接では適性をしっかりと、見極められます。

高校生が看護学校を受験し、看護師を目指す場合、社会人経験をしていませんので、どうしても看護学校の面接などで不利になるので対策を行わなければなりません。

勉強法

高校生は、社会人とは違い、勉強から遠ざかっていないので、比較的、受験勉強がしやすい環境が整っているのではないでしょうか?しかし、現在、理系ではなく文系に進んでいる方は、数学の受験問題でつまづく場合があります。

早めから数学の受験対策を取っていた方が、看護学校の受験におくれをとらないでしょう。しかし勉強方法を間違ってしまいますと、現役での合格できなくなってしまいますので、必ず計画を持って勉強していく必要があります。

面接対策

今まで面接の練習はしたことありますか?一筋縄でいかないのが看護学校の面接です。高校生は、中学から高校受験する時に、面接の経験をされているとは思いますが、もしかすると一度も経験したことのない高校生の方もいるのではないでしょうか?

一度も面接の経験がないまま看護学校の面接試験をした場合、緊張して何も言えないので不合格になる可能性が高いです。

志望動機書対策

高校生が看護学校の受験を目指し、志望動機書を作成していく時に、何を書いていいかわからなくなる時がありますよね。志望動機とは、どうして皆さんが看護師を目指そうと思ったかなど具体的に書いていかなければなりません。

「看護師になりたい。」だけでは志望動機になっていません。志望動機書一つで合否が決まる場合もありますので、志望動機書だけは、完璧にしたいですよね。

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事