高校生が看護学校の受験面接で聞かれて困る質問

kangojuken-ko14

高校生が看護学校の受験面接で聞かれて困る質問

高校生が看護学校の受験面接で聞かれて困る質問①

高校生が看護学校の受験をし面接で、いきなり将来のビジョンなど聞かれると困りますよね。しかし、看護学校の受験ではこのような質問を聞かれます。

あなたは看護学校に入学後どのような看護師を目指したいですか?

なぜ、このような質問を看護学校の面接できかれるのかは、あなたがどれぐらい看護師に対して、働くイメージが持てているかを、看護学校の受験で面接官は、確認しています。

看護学校を受験するということは、今後どのように成長していかなければならないのかを現段階で知っていなければなりません。看護学校の受験で聞かれる可能性のある質問なので、回答ができるように準備しておきましょう。

高校生が看護学校の受験面接で聞かれて困る質問②

看護学校ならどこでも同じでは?と思われている受験生の方がたくさんいらっしゃいます。そこで、看護学校側もどこまで、他の看護学校との違いを知ってくれているのかを聞きたいので、受験面接ではこのような質問をされます。

たくさん看護学校がある中でどうして当 看護学校を受験したのですか?

看護学校ではそれぞれ、理念や特色が違います。看護学校は、看護学校で、常に成長していかなければなりませんので、他の学校よりも少しでも優れるよう努力しています。その中で、受験生に、「どこの看護学校でもいいから合格したいのではなく」この看護学校でなければいけない理由が知りたいです。

自分の看護学校のことを理解してくれているのであれば、途中で辞めることもなく看護師を目指して、頑張ってくれるのではないかと期待できますよね。このように、テスト勉強だけではなく、隅々まで勉強してくれていると看護学校の面接官も非常に嬉しく思います。

看護学校のオープンキャンパスやインターネット、資料などでしっかりと看護学校のことを受験までに把握しておきましょう。

高校生が看護学校の受験面接で聞かれて困る質問③

高校生が看護学校の受験面接で欠席日数を指摘される場合があります。

なぜあなたはこんなにも遅刻や欠席が多いのですか?

この質問は正直つらいですよね。人間なので、さぼってしまったこともあると思いますが、大切なのは、どう心が入れ替わったのか?ですよね。もしこの質問を看護学校の受験時にされた時には、素直に答えましょう。嘘はすぐにばれます。

そして、何より今は、昔とは違い、しっかりと生活をしているアピールが必要です。

もちろん、無遅刻、無欠席の子と比べるとマイナス評価になってしまうので、できるだけ、このようなことにならないように注意しておいてほしいですが、心の入れ替わったあなたを受け入れてくれる看護学校が必ずあると思いますので、何度も看護学校に合格できるようにチャレンジしましょう。

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事