看護学校の受験を目指す高校生の志望動機で伝えるべきこと

Author:看護予備校KAZアカデミー

kangojuken-16

看護学校の受験を目指す高校生の志望動機で伝えるべきこと

過去問動画解説・傾向と対策

看護学校を受験する高校生が志望動機書で対応力の高さをアピール

看護学校を受験する高校生の皆さんは、志望動機書を作成するときに何を意識しますか?志望動機書とは、もちろん看護師になりたい理由を書きますよね。

しかし、ただ単に志望動機書に、「○○だから看護師になりたい」では、みんな同じような内容の志望動機書になってしまいます。

そこで、少しでも他の看護学校の受験生と差を付けることも考えてみましょう。

例えば、私が看護師を目指した理由は、中学生の時に、私の祖母が倒れました。そして私はどうすることもできずすぐに救急車を呼びました。すぐに駆けつけてくれた救急車に本当に感謝しております。

このような文章を看護学校の志望動機書で書いた場合、確かに、何もできないのは当たり前ですが、すぐに救急車を呼んだ対応力に対しては、あなたの行動力の高さでもあります。

このように、実際あったお話の中で、自分自身が行動したことについても少し、志望動機書に入れてあげると、面接官もあなたの対応力の高さについてわかってもらえるでしょう。

看護学校を受験する高校生が志望動機書で人柄をだすべき

看護学校の受験では、皆さんのアピールが非常に重要になってきます。面接で、もし緊張でガチガチになってしまっては、何もアピールすることができません。

そこで、看護学校に提出する、志望動機書にしっかりと、自分の人柄も書いていれば少しは変わってきます。

私は小さい頃から、週末になるといつもおばぁちゃんの家に訪れていました。

この文章を見てどう感じますか?私は、心の優しい子なので看護師に向いているのでは?と感じたりします。看護師になってから、おばあちゃんやおじいちゃんと過ごすことも多いでしょう。

その時に、この子なら対応できるのは?などと看護学校の面接官に感じてもらえると、少しは合格に近づくかもしれません。

志望動機書ではしっかりと自分のいいところも書いておきましょう。

看護学校を受験する高校生が志望動機書で熱意をだすべき

何といっても看護学校に受験する限り、看護学校の面接官に、看護師になりたいという熱意を感じてもらわなければなりません。

近年の看護師を目指し看護学校を受験する人の数が、非常に多くなりました。そして、その高倍率の中で看護学校に合格しなければなりませんので、他の受験生より劣ってしまうと不合格になる確率が上がってしまいます。

少しでも合格率を上げるために、筆記テストだけでなく、面接や志望動機書など細かい部分で、できるだけ自分の熱意を看護学校側に伝えなければなりません。

学校側も本気で看護師になりたいと願う熱意のある学生さんに入学してもらえるのが一番うれしいです。

看護師になりたい理由を志望動機書に書きしっかりとアピールしておきましょう

看護受験生の皆様にお知らせ!!

11月25日から12月6日の期間には第四回 全国統一看護模試があります。
いよいよ一般試験本番。と、その前に模試で入試本番さながらの
リアルな受験問題に慣れるチャンスです。
一年間頑張った受験勉強の成果をここでぶつけて
「一般入試」に挑みましょう。
模試はあなたの足りない部分を教えてくれるツールなので
あなたを確実に成長させてくれます。

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事