高校生で看護学校の受験で合格する苦労

Author:看護予備校KAZアカデミー

kangojuken-ko5

高校生で看護学校の受験を合格する苦労

過去問動画解説・傾向と対策

看護学校の受験まで続ける勉強の苦労

高校生が、看護学校の受験にむかって、勉強していく時、どうしてもこのままの勉強方法でいいのか?落ちたらどうすればいいの?などマイナスのことを考えてしまいがちです。

あまりにも、マイナスのことばかり考えてしますと、どうしても看護学校の面接で失敗してしまうでしょう。看護師になりたいという気持ちが強ければ強いほど、看護学校の面接官も気づいてくれますし、色々なことに対応することができるので、勉強で苦労してても、基本からきっちりと勉強しましょう。

看護学校の受験は、筆記試験だけで全ての合否が決まるものではありません。看護学校の受験では、

筆記試験・面接試験・志望動機書内容など、全ての項目をクリアしてこそ看護学校の受験に合格できます。

看護学校の受験までの勉強でモチベーション維持の苦労

看護学校の受験に向けて勉強していると、どうしてもモチベーションが下がってしまう時があります。初めは看護師を目指し、勢いよく勉強しますが、途中で不安が押し寄せてきます。

さらに、高校生は学校の定期テストと、看護学校に合格するための受験勉強を両立しなければなりません。学校の勉強ばかりに意識がいくと、受験勉強には間に合わないのでは?と思われるかもしれません。

看護学校の受験問題は、高校で学習する範囲が出題されますので、数学・英語・国語は、学校で勉強をしっかりとしておきましょう。

看護学校の落ちたときのメンタル維持の苦労

看護学校の受験は、一つの看護学校を受けて合格ができるというよりも、いくつかの看護学校を受験して、その中でどれかの看護学校に合格するという感覚を持っていいた方がいいでしょう。

もちろん、第一志望に合格することが何よりですが、看護学校の受験で、一次試験の筆記テストに合格して、さらに、看護受験面接対策を十分に練習してきた中で、不合格になった場合はどうすることもできません。

実際に筆記テストを合格し面接でも面接官に褒められ、それでも不合格になった人はたくさんいます。

面接は、看護学校が求めているものと合致しなければなりませんので、うまくメンタルを切り替えて次の看護学校の受験をすることをお勧めします。

看護学校の受験で合格しなければならない義務感

看護学校の受験を合格するために皆さんが、一生懸命に勉強する中で、看護学校に絶対合格しなければならないという義務感がでてきます。この義務感こそが皆さんの看護学校受験を苦しめます。

最初は、看護師になることをあまり気にしていなかったけど、皆さんが勉強すればするほど、周りの皆が、あなたが看護師になるという前提で考え始めます。まわりが色々な感情を持ち始めるとあなたにものすごいプレッシャーがかかってきます。

もちろん、看護学校の受験で一発で合格できることが何よりもいいことですが、あまりにも追い込みすぎるとあなた自身がつぶされてしまいます。そして、焦るあなたをみて

看護学校の面接官に「この子は余裕のない子だ。」と思われます。

受験勉強をしてると絶対合格しなければならないと思いますが、看護学校の試験は筆記試験だけではありませんので、ある程度余裕をもって勉強しましょう。

看護受験生の皆様にお知らせ!!

11月25日から12月6日の期間には第四回 全国統一看護模試があります。
いよいよ一般試験本番。と、その前に模試で入試本番さながらの
リアルな受験問題に慣れるチャンスです。
一年間頑張った受験勉強の成果をここでぶつけて
「一般入試」に挑みましょう。
模試はあなたの足りない部分を教えてくれるツールなので
あなたを確実に成長させてくれます。

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事