高校生で看護学校の受験を合格するコツ

kangojuken-ko6

高校生で看護学校の受験で合格するコツ

看護学校の受験で合格するための筆記試験対策

高校生が、看護学校の受験で合格するためには、高校の2年生までで習う、数学と英語と国語をある程度完璧にこなしていけば、それほど看護学校の筆記テストで苦労することはありません。

高校で、理系ではなく文系を選んだ方は、看護学校の受験を目指す時どうしても、数学に戸惑ってしまうのではないでしょうか?万が一全く数学が分からない場合、中学生の数学の勉強をいち早くしてください。

そして数学の復習が完成すれば、高校数学を勉強して下さい。受験の数学では、二次関数・三角比・場合の数あたりは、非常に重要になってきます。もちろん、看護学校の受験には、全ての教科が大切ですが、とにかく看護学校の受験を目指すことを決めたら数学の勉強をしましょう。

数学の出来次第であなたが看護学校に合格できるかどうかを左右します。

看護学校の受験で合格ための志望動機書対策

看護学校を受験する時には、たいてい志望動機書を作成しなければなりません。志望動機書とは、どうしてあなたが看護師になりたいか?を書いて行く必要があります。

自分自身が看護師になりたいを書けばいいだけですが、あまりにも単純でどこにでもあるような内容では看護学校側の心に響きません。当 看護予備校も毎年ですが、看護学校の受験前に志望動機書の相談を受けます。

しかし、志望動機書と面接は一つのものと考えて下さい。急にテスト前に志望動機書を作っても自分のものになりません。看護学校の受験日より十分時間をもって、志望動機書は作成しましょう。

いつ、どこで、何があって、看護師になりたいと思ったか?

を具体的に書いていけば、看護学校の面接官も理解してくれるでしょう。

看護学校の受験で合格する面接対策

看護学校の受験では必ずといっていいほど面接試験があります。面接試験が行われる理由は、看護学校に合格すれば、必然とほとんどの方が看護師になります。看護師の免許を取ってから、不向きで簡単に職場を放棄されては困ります。

看護学校の受験の面接では、あなたが看護師としてしっかりとやっていけるのかを確かめられています。

そこで看護学校の面接をどのようにすれば乗り越えられるのか?皆さんは看護学校を受験するために志望動機書を作成するとは思いますが、その志望動機を何も見ずにしっかりと言えなければなりません。

棒読みでは全く話になりませんので何度も読んで自分の感情も吹き込んであげてください。看護学校の受験面接を学生バイトの面接とは違いますので、ぶっつけ本番は止めて下さい。話すのが得意で面接を軽視している方もたまに見られますが、ほとんどが不合格になります。

面接もしっかりと、家や看護予備校などで練習をすることで本番のしっかりとあなたの気持ちを伝えることができます。

看護受験生の皆様にお知らせ!!

5月25日から6月6日の期間には第一回 全国統一看護模試があります。
受験勉強が始まり、まだまだ未知数の中で自分の実力を知っておくことは非常に重要です。
看護入試に向けてどれぐらいの学力が必要なのかチェックしておきましょう。
「社会人入試」「公募入試」にむけて、今はあなたの実力を確認しておく期間です。
模試はあなたの足りない部分を教えてくれるツールなので
あなたを確実に成長させてくれます。

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事