高校生で看護学校の受験を合格できる人の適性

Author:看護予備校KAZアカデミー

kangojuken-ko3

高校生で看護学校の受験を合格できる人の適性

過去問動画解説・傾向と対策

我慢強い人は看護学校の受験を乗り越えれる。

看護学校の受験はとにかく我慢強い人が乗り越えられます。看護学校の受験には、英語・国語そして数学が必ずあります。一般的に数学が苦手な方が非常に多くいますが、数学という教科は我慢強くすればするほど、看護学校のテストで確実に点数のとれる教科でもあります。

特に、数学は出題される傾向が決まっているので、看護学校の受験問題を解けるようになるまで基礎勉強をしっかりとしておけば看護学校の受験も合格できるでしょう。いきなり受験問題をするのではなく、基礎勉強をいかに我慢強くするかで数学ができるようになります。

看護師という仕事は医療系ですので、必ず数学ができていなければなりません。

理解が早い方は看護学校の受験に適してる。

看護学校の受験には、理解が早い方が少し得をします。もちろん看護学校の受験勉強に関しても、理解が早い方がいいですが、看護学校の受験には面接があります。面接は個人面接もあれば、集団面接もあります。面接では、看護学校の面接官があなたに質問した時、何を求めているか、瞬時に判断する必要があります。

看護学校の面接では、無言になってしまうと不合格になってしまうと思ってください。それぐらい、合格できる人は練習を積み重ねてきています。

看護学校の面接官はあなたの努力の姿勢と看護師になりたい熱意をみています。

持続できる方は看護学校の受験に向いている。

看護学校の受験を目指して、まず何から勉強する場いいのか悩みますよね。しかし高校生である皆さんは、社会人と比べて勉強する時間があります。もし仮に現時点で全く勉強に手をつけていなかったとしても今日をスタートに看護学校の受験勉強を始めて下さい。

数カ月しかない場合、実際に焦りますよね。でも残されている時間が少なくても、持続さえすれば看護学校の受験に合格できるでしょう。もし仮に長期間あったとしても持続職がなければ結局意味がありません。

とにかくコツコツと頑張れば必ず受験レベルまで進むことができる

ので頑張ってください。

思い切りがいい方は看護学校の受験をこなせる。

思い切りのいい人は、もし受験で失敗しても次のテストへ、割切って進むことができます。現在、看護学校の受験倍率は、ものすごく高いものになってます。通常の大学受験ではテストの点数をクリアすれば合格できますが、看護学校の受験はそういうわけにはいきません。

看護学校の受験は、面接や志望動機書で判断されることがありますので、もし受験先の看護学校があなたの志望動機と合致していなければ、落ちる可能性があります。

しかし、それはどうしようもないことなので、あまり気にせず次の看護学校の受験をお勧めします。一度、看護学校の受験に落ちたぐらいで、落ち込んでいると次のチャンスをつかむことができません。

どうしても、一度落ちた看護学校へ、合格したい場合は、何度も受験することをお勧めします。

看護学校側もあなたの受験に対する熱意を感じるでしょう。

しかし、落ちた理由などを分析せず、また同じ様な感じで受験すると結果はおなじになってしまいます。

看護受験生の皆様にお知らせ!!

11月25日から12月6日の期間には第四回 全国統一看護模試があります。
いよいよ一般試験本番。と、その前に模試で入試本番さながらの
リアルな受験問題に慣れるチャンスです。
一年間頑張った受験勉強の成果をここでぶつけて
「一般入試」に挑みましょう。
模試はあなたの足りない部分を教えてくれるツールなので
あなたを確実に成長させてくれます。

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事