高校生が看護学校の面接で好かれるタイプ

kangojuken-ko12

高校生が看護学校の面接で好かれるタイプ

高校生が看護学校の受験面接で好かれる表情

高校生が看護学校の面接で練習もせずに参加した場合、その空気にまず、つぶされてしまうかもしれません。当 看護予備校の高校生の学生さん達も、みなさん、初めての看護学校の受験面接練習では、全く別人のようになってしまいます。

なぜ、面接では、別人のようになってしまうのか?

予備校で練習している時は、合否も全く関係ありませんので、緊張する必要もありませんよね?しかし、人は普段とは違う何かをする時に、潜在的に緊張してしまうものがあります。

  • 例えば、ゴミ箱に向かって紙のボールを投げます。
  • 何も条件がなければ緊張などしませんよね?しかし、絶対に外してはいけないと言われると緊張しませんか?

これは、自分自身で勝手に緊張させてしまっているのですよね。絶対に、面接ではきっちりと話さなければいけないと思ってしまっています。看護学校の受験面接では基本的に聞かれる内容が、決まっていますので、自分でしっかりと言えるまで覚えましょう。

しっかりと覚えれば少し緊張も和らぎます。そして、面接は特別なものなので緊張しますが、必ず、鏡などで自分の表情を確かめて下さい。びっくりするような怖い顔をしていませんか?

面接の練習する時は必ず笑顔で練習して下さい。

それぐらいが面接にはちょうどいいです。あなたの時折見せる笑顔を見ると看護学校の面接官にも笑顔が見られかもしれません。

高校生が看護学校の受験面接で好かれる態度

看護学校の受験面接で高校生が、面接官に好かれる態度は、謙虚であることです。決して、偉そうな態度をしてはいけません。看護学校の実習や看護師になってから働く職場には、必ずチームワークが必要です。

チームワークを上手く回すには、とにかく謙虚で素直が一番大切です。その中で自分の意見を言える子が、好かれるでしょう。YESマンでも駄目ですが、まだまだ知識の乏しい、皆さんはまず先輩看護師から、学ぶ姿勢を持っている子かを見られています。

「面接官の質問に対して素直に答えれること」そして、看護学校ので行われる面接で万が一聞き取れなかった時などはできるだけ謙虚に質問を聞きましょう。

決して無口になったりしてはいけません。

高校生が看護学校の受験面接で好かれる言葉遣い

近年、先輩や大人に対して敬語を使えない学生達が増えています。しかし、看護学校の受験をするということは、入社試験を受けることとほとんど変わりません。なぜなら、看護学校の受験に合格すれば、実習などが待っています。

実習では、実際の患者様や、病院で勤務している方と話す機会もあります。その時に、言葉遣いができていなければ、相手を不愉快にさせます。社会人として言葉遣いをできることは当たり前なことなので、看護学校の受験にはしっかりとした敬語などが求められています。

高校生で、敬語を使うことは、ごく一部でしかありませんが、社会人になると敬語を使うことが基本的には毎日あります。現在敬語を意識して使っていないのであれば、看護学校の受験のために今から敬語を使い慣れておきましょう。

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事