高校生が看護学校の受験面接がどうしても苦手な人

Author:看護予備校KAZアカデミー

kangojuken-ko13

高校生が看護学校の受験面接がどうしても苦手な人

過去問動画解説・傾向と対策

高校生が看護学校の受験面接をイメージしよう

看護学校を受験して合格するには何が一番大切だと思いますか?

この質問にはいろいろな答えがでてくるとは思いますが、もし筆記テストでは?と思われた方は気をつけて下さい。確かに筆記テストは、かなり重要ですが、筆記ストにばかり気を取られていると、危険です。

なぜなら、看護学校の受験は、筆記テストができたからと言って合格にはなりません。必ず二次試験である、面接試験があります。

これから看護師を目指し看護学校の受験勉強をしていく中で、ある程度、過去問などで筆記テストの勉強はできるようになってくると思います。しかし、過去問のどこを探しても、面接試験の過去問はありませんよね?

看護学校の受験を目指したときから、しっかりと看護学校の受験で行われる受験面接が非常に重要だと、思っておいて下さい。

基本的に、看護学校の受験面接でよく聞かれる内容は

    1. ステップ①
    2. あなたはどうして看護師になりたいと思いましたか?

この質問は、誰がどう聞いてもあなたが看護師になりたいと思っていることを書いて覚えておいて下さい。

高校生が看護学校の受験面接で医療の知識を入れておく

高校生で医療の知識を知っている子などほとんどいません。これは、看護学校に入学してから習うことなのでは?と思われると思います。しかし、看護学校の受験は決して高校生だけのものではなく、すでに、何年も社会人経験のある方も同じく、看護師を目指し看護学校を受験します。

面接は、個人面接もありますが、グループ面接を行う看護学校もあります。看護学校のグループ面接は、高校生も社会人も同じグループになります。そこで、社会人が質問してくる医療の内容について、わからなければ、グループ面接で主張することもできませんよね?

あまりにも、マイナーな病名や病原菌の名前まで覚える必要はありませんが、普段、新聞やテレビ・インターネットで報道されている、医療ニュースなどは頭に入れておく必要があります。

    1. ステップ②
    2. 最近気になる医療ニュースありますか?

この質問は、絶対に準備しておいて下さい。上辺だけで覚えてはいけません。詳しく把握しておきましょう。

高校生が看護学校の受験面接で頼れる看護予備校

受験と言えば、塾や予備校などのイメージがあります。しかし、それば筆記テストを専門に行う場合であって、看護学校の受験となると少し異なってきます。看護学校を受験する時は、たいていの方が看護学校専門に扱っている看護予備校に通います。

その理由は、

  • ● 看護学校の筆記テストは、各看護学校により癖がある。
  • ● 面接のノウハウ(know-how)を知り尽くしている。
  • ● 志望動機書の作成などに特化している。

この3点を知り尽くしているのが看護学校受験専門の看護予備校です。おそらく、看護予備校に通わず、看護学校を受験した場合、面接や志望動機書の確認作業などほとんどすることなく受験するので、かなりの確率で不合格になるでしょう。

近年、看護予備校もたくさん増えてきていますが、看護予備校を選ぶ時は、ある程度の年数と合格パーセンテージのあるところを選ばなければ皆さんの未来を左右してしまいます。表面上だけに騙されず、しっかり基礎から勉強する看護予備校を選んでください。

毎年95パーセント以上の合格率を誇っている看護予備校はこちら »

看護受験生の皆様にお知らせ!!

11月25日から12月6日の期間には第四回 全国統一看護模試があります。
いよいよ一般試験本番。と、その前に模試で入試本番さながらの
リアルな受験問題に慣れるチャンスです。
一年間頑張った受験勉強の成果をここでぶつけて
「一般入試」に挑みましょう。
模試はあなたの足りない部分を教えてくれるツールなので
あなたを確実に成長させてくれます。

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事