社会人が看護学校の受験を合格するための現状と将来性

Author:看護予備校KAZアカデミー

kangojuken-sha10

社会人が看護学校の受験を合格するための現状と将来性

社会人が看護学校の受験に合格するまでの現状①

現在看護学校を受験し、看護師を目指す方が毎年のように増加しています。この理由の一つは、経済的安定でしょう。以前であれば、高校生や大学生が、看護師を目指す方はそれほど多くありませんでした。

しかし現在は、高校生の頃から看護師を目指し、看護学校の合格を手に入れるために、受験勉強を励んでる学生が増えています。これは社会人の皆様にとっては、少し辛いですよね。

学生や社会人の皆様が看護師を目指す、もう一つの理由は、

看護師の資格は、国家資格だということです。

国家資格を取得することにより、女性の場合であれば妊娠・出産があると会社を辞めざるをえなく、再度就職が難しいですが、看護師の場合は一度退職しても、資格を持っていることにより、子育てが落ち着いてきたら、再度就職がしやすいです。

それぐらい、現在の日本は高齢化社会で、世の中が、看護師さんを必要としています。

社会人が看護学校の受験に合格するまで現状②

今の世の中は、たくさんの看護師を必要としていますが、毎年、看護学校の合格者の人数を増加するわけにもいきません。看護師が不足なら看護学校に合格できる人数を増やせば?

と思われるかもしれませんが、少し、勉強したからといって、看護師になれるようでは、病院の中はぐちゃぐちゃになってしまうでしょう。看護学校で学ぶことは看護師としての知識と実習がメインになります。この実習は、実際に病院で働きながら学んでいきます。

看護学校で実習を繰り返し、看護の知識を持った中で、看護師になってもらわなければなりません。

病院の中に、多くの研修生がいても、医療現場の邪魔になります。病院は、常に「生」と「死」が、かかわっている緊迫した場所です。単純に、一つの技術を手に入れる職業ではなく、人の命を預かる職業です。

このように、多数の学生を自習させても目もいき届かなくなるので、毎年受け入れれる学生の数は決まっています。この看護学校の受験に合格する狭き門を、社会人の皆様は乗り越えなければなりません。

もちろん、看護学校に合格することが不可能ではありません。毎年多くの社会人が、看護学校の受験に合格しています。看護学校の受験勉強を始めて、一年間で看護学校に合格できることが理想ですが、時には、社会人の場合は、長い目で見ることも必要です。

そして、看護学校に合格するには、看護学校との相性も必要になりますので、まずは、筆記テストである程度、テストの点数をとること。そして、志望動機書と面接対策を行いましょう。

社会人が看護学校の受験で成功後の将来性

基本的に看護学校の受験に合格することができれば、ほとんどの方が、看護師国家資格を取得し看護師になることができます。看護師になることができれば、就職に困ることはないでしょう。

看護師の給料は、働いていく年数によりどんどん、給料がアップしていきます。これは非常に魅力的ですよね。現在、看護師のボーナスは、約80万とも言われています。これは女性の人気職業のランキング1位です。

今の日本は、高齢化社会ですが、これからは、超高齢化社会になっていきます。なかなか、この現状を変えることは難しいでしょう。超高齢化社会になるということは、

これから、まだまだ、看護師の需要は、膨らむばかりです。

看護学校では、実習もふくめ、医学の学習をし、皆様を立派な看護師として育ててくれます。そして看護師になれれば、上記のように就職に困ることはないでしょう。社会人にとって、就職や転職をしやすいのは、最高の魅力ですよね。

看護学校の受験に合格し、国家資格をとるまでは、大変ですがその後は非常に安定しています。

看護受験生の皆様にお知らせ!!

11月25日から12月6日の期間には第四回 全国統一看護模試があります。
いよいよ一般試験本番。と、その前に模試で入試本番さながらの
リアルな受験問題に慣れるチャンスです。
一年間頑張った受験勉強の成果をここでぶつけて
「一般入試」に挑みましょう。
模試はあなたの足りない部分を教えてくれるツールなので
あなたを確実に成長させてくれます。

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事