社会人が看護学校の受験で合格するためのコツ

Author:看護予備校KAZアカデミー

kangojuken-sha6

社会人が看護学校の受験で合格すためのコツと対策

看護学校の受験で合格するための筆記試験対策(数学編)

社会人が、看護学校の受験に合格するためには、まず筆記テストに合格するための勉強をしなければなりません。看護学校の受験に必要な教科は「数学」「英語」「国語」が必要となります。

その中でも、一番重点的に、勉強したいのが数学です。もちろん、どの教科も重要ですが、看護学校の受験数学で高得点をととれている方は、合格できる確率が高いです。なぜ数学で、高得点をとれると看護学校に合格できるのでしょうか?

看護学校の受験で一番点数の取るのが難しいのが数学だからです。

看護学校の受験をする人のほとんどが、高校時代、文系に進んだ人が多いです。文系に進んでいるということは、あまり数学を勉強していない方が多いです。このように数学が苦手な人が多いので、高得点をとれば、看護学校に、一年で合格できる可能性があります。

まず初めに、昨年度で構いませんので、看護学校の受験で行われるテストの過去問題を解いてみてください。

受験問題は、解けそうですか?おそらく解けないと思います。しかし安心して下さい。現時点で数学が苦手でも問題ありません。それではどのように看護学校の受験勉強に取り組むのがいいのでしょうか?

とにかく苦手な方は、中学の数学から勉強して下さい。絶対に、焦って、高校数学から勉強してはいけません。おそらく無駄な時間とあなたのやる気を吸い取ってしまうでしょう。数学は、中学から高校までずっとつながっています。

ここで計画を立てて下さい。看護学校の受験勉強を乗り越えるには必ず計画を立てなければなりません。

  • まず最初の1ヶ月で、中学1年生の数学を終わらせて下さい。
  • 2か月目には中学2年生の数学
  • 3か月目には中学3年生の数学

の順で一ヶ月毎に1学年ずつ終わらせましょう。3ヶ月後には、中学1年生から3年生までの数学が理解できるようになっています。とにかく焦ってはいけません。月日をかけて一つずつ、終わらせて下さい。

中学数学ができれば、次に高校数学を同じように勉強しましょう。自分が思っているよりも、高校数学が解けるようになっています。6か月あれば、高校数学まで進むことができますので、看護学校の受験に間に合います。後は、看護学校の過去問などに時間を費やすことができます。

数学が苦手で、高校数学から始めた方は看護学校の受験に落ちるでしょう。

看護学校の受験で合格するための筆記試験対策(英語編)

看護学校の受験英語で、一番大切なのは、英単語ですよね。単語がわからなければ、まず長文を読むことはできません。看護学校の受験に必要な数は、およそ900個ぐらいです。でも、いきなり900個の単語を覚えることはできません。では、どうすれば900個も覚えれるのでしょうか?

一日10個の単語を覚えることはできそうですか?

そう、その繰り返しです。毎日10個おぼえれば、一ヶ月後には300個覚えていることになります。毎日続けることは、難しいかも知れませんが、受験に成功している多くの人が毎日コツコツと単語を覚えています。

一日10個覚えれば、三か月経てば900個、受験に必要な単語を全て覚えきっています。

毎日の積み重ねって凄いですよね。このコツコツすることを乗り越えたものが、看護学校の受験英語ができるようになります。とにかく英語は、まず単語です。その後、文法・長文をこなしていけば問題ありませんので、看護学校の受験を決めたらまず単語を毎日覚えましょう。単語ができた後には、

中学文法→高校文法→長文を勉強すると比較的スムーズに勉強することができます。

とにかく英語は、単語を覚えるを最優先することです。

看護学校の受験で合格するための筆記試験対策(国語編)

看護学校の受験を目指そうと決めた社会人の方が、国語で一番初めに勉強してほしいことは、漢字です。漢字は、毎年、常に出題されますので、覚えていれば必ず、解答用紙を埋めることができます。

一部の看護学校では、漢字が多く出題されるところもあります。そして、漢字をしっかりと書くことで、ある程度、国語の点数を取ることができます。まずは、漢検の漢字を5級ぐらいからすべて覚えていきましょう。

次に、現代文は、筆者の気持ちを考えながら読むようにして下さい。筆者の気持ちを考えて、読むことで、その情景が映し出されるので、問題を解きやすくなります。

現代文は、イメージしながら読むのが何よりもコツになります。

看護学校の受験で合格するための志望動機書と面接対策

ある程度、筆記テストのための勉強のことも、なんとなくわかってきたと思います。しかし、看護学校の受験に合格するためには、筆記テストだけができても、合格はできません。実は、看護学校の受験には、筆記テスト以外に大切なものがあります。

それは志望動機書と面接です。

逆に、テストと面接が同日の場合、筆記テストが少し劣ったとしても、面接で挽回できる場合があります。しかし、面接で挽回するにも志望動機書の作成が非常に重要なものになります。そして、面接も絶対に練習しておかなければ上手く話せないでしょう。

なぜ、このように面接が重要なのでしょうか?もし、看護学校に合格することができれば、多くの人が国家資格を取得し、看護師になります。

いわば、看護学校の受験面接は、就職試験でもありますので、面接官は厳しい目であなたをみています。

この志望動機書や面接を乗り越えるために、看護学校の受験専門に指導している看護予備校というものがありますので、志望動機書や面接に悩んだ時は、看護予備校に頼るのもありだと思います。

志望動機書には、しっかりと自分自身がなぜ看護師になりたいと思ったかを具体的に書くようにして下さい。

看護受験生の皆様にお知らせ!!

11月25日から12月6日の期間には第四回 全国統一看護模試があります。
いよいよ一般試験本番。と、その前に模試で入試本番さながらの
リアルな受験問題に慣れるチャンスです。
一年間頑張った受験勉強の成果をここでぶつけて
「一般入試」に挑みましょう。
模試はあなたの足りない部分を教えてくれるツールなので
あなたを確実に成長させてくれます。

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事