主婦が看護学校の受験面接で聞かれて困る質問。

Author:看護予備校KAZアカデミー

kangojuken-shufu17

主婦が看護学校の受験面接で聞かれて困る質問とあれこれ

主婦が看護学校の受験面接で聞かれて困る質問①

主婦の皆さんにとって、一次試験を突破し、二次試験である看護学校の受験面接で、聞かれて困る質問は、学生と比べてたくさんあるのではないでしょうか?

看護学校の受験面接では、「なぜ、看護師になりたいと思いましたか?」と聞かれるでしょう。高校生の場合は、学生からそのまま看護師を目指すので、妨げるものは何もありませんが、社会人であったり、主婦の皆さんには、妨げるものがたくさんあります。

例えば、主婦の皆様が下記のように質問されたらどのように返答しますか?

なぜ、主婦になってから看護師を目指そうと思ったのですか?

非常に困りますよね。実は、この質問には色々な意図があります。

  • ① 看護師になりかったのであれば、なぜ学生から直接目指さなかったのか?
  • ② 金銭的な安定を求めてだけ看護師になりたいのか?
  • ③ 本当にこの人は、看護師でなければならないのか?

近年看護師を目指す方の特徴として、「収入」「仕事」「将来」これら全てのを満たされているのが「看護師」ということもあり、学生だけではなく、現在違う職種で働いている社会人、そして主婦である皆さんのように、多くの方が看護師を目指されています。

しかし、上記の条件だけで看護師を目指しているのであれば、看護学校の面接では、不合格になってしまうでしょう。とにかく、看護学校の受験面接では、しっかりと、主婦の皆様の職業が看護師でなければならない理由を考えて、受験に望みましょう。

主婦が看護学校の受験面接で聞かれて困る質問②

主婦の皆様が、看護学校の受験で選ぶ、看護学校はどのような学校でしょうか?自分の学力よりもはるかに高い所を受験しますか?それともできるだけ合格しやすいところを受験されますか?

恐らく多くの人が後者でしょう。もちろん、何年もかけて、自分が望む看護学校を受験することも悪くはありませんが、結局、看護師になることが、最終目標なので、できる限り合格しやすい所を受験したいですよね。

そこで気をつけてほしいのが看護学校の受験ではこのような質問もされます。

看護学校の面接では、なぜ、多くの看護学校があるなかで、この学校を選んだのですか?

この時に、この看護学校であれば、自分の学力でも合格できると思ったので受験しました。

なんて返事すると即刻不合格でしょう。看護学校には、それぞれ偏差値がありますが、それ以上に重要なのが各看護学校の「教育理念」「教育目標」です。

主婦である皆様が看護学校を受験する時には、必ず、自分自身が受験する、看護学校の「教育理念」は覚えておかなければなりません。この看護学校の「教育理念」と合致していない学生は、受験に合格することは難しいでしょう。

また、各看護学校は、夏頃に、「オープンキャンパス」や「セミナー」なども開催されますので、絶対に参加して、受験する看護学校の考え方や理念を覚えておきましょう。

主婦が看護学校の受験面接で聞かれて困る質問③

主婦であるあなたにとって、看護学校の受験でどうすることもできない、質問もあります。それは学生時代の「欠席日数」「遅刻・早退」です。

これだけは、正直どうすることもできませんよね。しかし、看護学校の受験では、どのようなことを質問されても答えれるように、準備しておく必要があります。

看護学校の面接は、就職試験と同じようなものなので、会社にとってマイナスの恐れがある人材はとりません。このように学生時代に、遅刻や欠席の多かった方は、

看護学校に合格後も遅刻や欠席が多くなるのでは?

と思われがちです。だからこそ、もしこの質問をされた時には、今はきっちりしていることをアピールする必要があります。

看護受験生の皆様にお知らせ!!

11月25日から12月6日の期間には第四回 全国統一看護模試があります。
いよいよ一般試験本番。と、その前に模試で入試本番さながらの
リアルな受験問題に慣れるチャンスです。
一年間頑張った受験勉強の成果をここでぶつけて
「一般入試」に挑みましょう。
模試はあなたの足りない部分を教えてくれるツールなので
あなたを確実に成長させてくれます。

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事