主婦が看護学校の受験を合格するまでの勉強内容

Author:看護予備校KAZアカデミー

kangojuken-shufu8

過去問動画解説・傾向と対策

主婦が看護学校の受験で合格するまでの各教科の対策

看護学校の受験で合格するための数学対策

主婦の皆さんにとって、これから看護学校の合格に向かって受験勉強をしていこうと思うことは、非常に大変だと思います。しかし、看護学校に合格さえすれば、先は明るい未来しか待っていません。

たくさんある職業の中で、看護師のように安定してい仕事は、少ないでしょう。そのためには何としても合格したいですよね。前回の看護学校の合格にも書きましたが、看護学校の受験に合格するには「数学」という教科で点数を取る必要があります。

数学は実際に、多くの人が苦手意識を持っていますので、逆に数学で、しっかりと点数を取ることで、看護学校の受験に合格できる確率を上げることができます。

主婦である皆様にしてほしいことは、看護学校の受験問題を解いてみることです。ここで全く、数学の問題が解けなくても、気にする必要はありません。

ほとんどの方が、1題も解くことができません。

実際に、当 看護予備校に体験授業に来る方も、多くの方が、1題も解くことができません。しかし、主婦である皆さんが、看護学校の受験に成功してますので安心して下さい。もし、この時点でスラスラ解けるのであれば、すぐに筆記テストは合格できるでしょう。

看護学校の過去問を解いた時が、主婦である皆様の、看護学校の受験に向けてのスタートになります。では数学の対策をしていきましょう。

当 看護予備校でも、ほとんどの方に、中学生の復習から勉強して頂いています。なぜ中学生の復習からが必要なのでしょうか?確かに、看護学校の受験問題は、高校数学なので最終的には高校数学の受験勉強をしなければなりません。

しかし、高校数学をスラスラ解くには、中学生で習う数学が非常に重要になります。例えば、下記に看護学校の受験で出題される内容の一部ですが、例えば、

  • 看護学校の受験で出題される内容は
  • 文字のたすき掛けの計算 → 中学3年生の因数分解と展開が基本
  • 二重根号 → 中学3年生の√の計算が基本
  • 二次関数の平方完成 → 中学3年生の因数分解と展開+二次関数の混じったもの

これらのほとんどが、中学数学ができていなければ、つまずいて先に進むことができません。おそらく、高校数学から勉強すれば、途中で理解できなくて嫌になり、看護学校の受験を諦めてしまうことになるでしょう。

主婦である皆様が、看護学校の受験に合格しようと思うのであれば、中学数学から勉強することをお勧めします。

看護学校の受験で合格するための英語対策

主婦で、ある皆さんが看護学校の受験を乗り越えるには、「数学」以外に「英語」と「国語」も勉強しなければなりません。英語の勉強も、数学同様、苦手な人が多いのではないでしょうか?

数学にしても、英語にしてもなぜ苦手になったのでしょうか?それは、基礎ができていないからですよね。例えば、皆さんにとって何か得意なことがあるのであれば、それは、基礎がしっかりしているからではないでしょうか?

基礎さえしっかりすれば、数学も英語も難なく解くことができます。英語の基礎は、何と言っても、単語ですよね。中学生の一番初めに、英語を学んだ時は、皆さん初々しく、楽しそうに勉強しています。

しかし、徐々に単語量が増え、文法の説明がわからなくなり、結局嫌いになってしまいます。もちろん、看護学校の受験にはたくさんの英単語が使われますので、一つずつ覚えていく必要があります。

看護学校の受験で、覚えておかなければいけない単語の数は、およそ「900語」になります。でも1日で覚えることは不可能なので、3ヶ月間、計画で覚えましょう。

1日必ず10個覚えて下さい。翌日また10個覚えて下さい。

これを毎日3か月間繰り返すことで、900語覚えることができます。看護学校に合格すれば一生の安定を手に入れることができるかもしれません。って考えると3か月間毎日繰り返しできますよね。

素敵な未来のために、毎日覚えてみてはどうですか?必ず覚えれます。これ以外に単語を多数覚える方法はないでしょう。

単語を覚えることができれば、次は英文法ですよね。高校で学ぶ英文法も、結局は中学生からの延長なんですよね。単語さえ覚えれば、中学の英文法は楽にクリアすることができるでしょう。

1ヶ月に1学年終わらせるつもりで勉強すれば、絶対に合格レベルまで、自分の実力を上げることができます。1日4ページも問題集をすれば1か月で120ページ進むことができます。120ページはだいだい問題集一冊のページ数です。

とにかく毎日4ページずつ問題集を繰り返し勉強してみて下さい。3ヶ月後には、看護学校の受験に合格できる姿が見えてくるかもしれません。とにかく、明るい未来のために計画をもって勉強して下さいね。

主婦の皆様にとって、看護学校の受験に甘い言葉はありません、ローマは一日にして成らずです。

看護学校の受験で合格するための国語対策

主婦の皆さんが、看護学校の受験で必要な、国語の勉強する時に何を想像しますか?

意外と見落とされているのが、漢字です。現代文の勉強ばかりに、気を取られていて、あまり漢字を勉強しない方もいますが、漢字を覚えていなければ、大きな痛手になるでしょう。

看護学校の受験を決めたら、

漢字検定の5級ぐらいからでいいので、一つずつ復習して言って下さい。

漢字は必ず出題されますので、漢字は満点をとっておきたいところですね。後、現代文の勉強の仕方ですが、現代文は読めば読むほど、解けるうになると言われていますが、確かに、読めば読むほど解けるようになりますが、それでは、解けるようになるまで、少し時間がかかってしまいます。

現代文のコツは、とにかく、作者の話している一文、一文をイメージしながら読んでください。例えば、

突然、玄関先から音が聞こえてきました。

この文章を読んだ場合、主婦である皆さんは、どうされますか?

イメージトレーニングの練習ですが、必ず、頭の中で、玄関と物音をイメージしましょう。この繰り返しをすることで現代文の読む力がどんどんアップします。

もし難しい文章で、イメージができない時は、その言葉の意味が、理解できてない時が多いので、言葉の意味がわからない時は、すぐに調べましょうね。この繰り返しで、数ヵ月後には、国語が得意教科に変わっているかもしれません。

看護受験生の皆様にお知らせ!!

11月25日から12月6日の期間には第四回 全国統一看護模試があります。
いよいよ一般試験本番。と、その前に模試で入試本番さながらの
リアルな受験問題に慣れるチャンスです。
一年間頑張った受験勉強の成果をここでぶつけて
「一般入試」に挑みましょう。
模試はあなたの足りない部分を教えてくれるツールなので
あなたを確実に成長させてくれます。

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事