浪人生が看護学校の受験で合格するコツ

Author:看護予備校KAZアカデミー

kangojuken-ro7

過去問動画解説・傾向と対策

浪人生が看護学校の受験で合格するコツ

看護学校の受験で合格するための筆記試験対策(数学)

浪人生が看護学校の受験の合格を目指して一番初めにやらなければならないことは、筆記テストのための勉強です。では、筆記テストの勉強をどのように行っていけばいいのか?

まず初めに、昨年度で構いませんので、看護学校の受験で行われるテストの過去問題を解いてみてください。数学・英語・国語それぞれあると思いますが、どれぐらい解けそうでしょうか?その上で、各教科勉強していく計画を立てましょう。

まず、初めに数学から説明すると、もし全くもってテストが分からなかった場合、必ず中学生の数学の勉強からして下さい。

看護学校の受験で一番点数の取るのが難しいのが数学です。

数学は素直な問題もありますが、基本的にひねった問題が出題されます。数学が苦手な方は、必ず中学数学から勉強して、2カ月ほどで中学数学を完成させましょう。

その後、高校数学の勉強をすることで、数学の理解力が見ちがえるぐらい上がっています。そして高校数学の勉強時間に、3か月ぐらいかけるとだいたい、夏ぐらいになりますよね。夏になると、看護学校の昨年度の受験問題が配布されだします。

もう一度、最新の看護学校の受験で出題された過去問で、自分の数学の出来具合を確かめてください。そして、もしその時に高校数学で足りない部分がありましたら、一つずつ復習も兼ねて、受験に向かって穴を埋めていきましょう。

看護学校の受験で合格するための筆記試験対策(英語)

英語に関してはとにかく単語ですよね。数学同様に、ある程度、数カ月間、区切って単語を一気に覚えましょう。

英語には単語と言う教科文法・長文という教科の2教科があると考えましょう。単語を覚えることで、さまざまな問題をスムーズに行うことができます。

その後、中学文法→高校文法→長文を勉強すると比較的スムーズに勉強することができます。

とにかく英語は、単語を覚えるを最優先することです。

看護学校の受験で合格するための筆記試験対策(国語)

国語に関しては一番初めに取りかかってほしいのが、漢字です。漢字は、皆さんを裏切ることはありません。看護学校の受験問題で出題される漢字を全て正解するだけでも、点数のフォローをしてくれます。

漢字で、点数を落としてしまうと、点数が伸び悩みますので、まずは漢検の漢字を5級ぐらいからすべて覚えていきましょう。その後、現代文をしっかりと読みこめば、看護学校の受験で、ある程度点数を望めます。

看護学校の受験で合格ための志望動機書対策

看護学校の受験に成功するには、筆記テストができるだけでは、不合格になってしまいます。筆記テストの勉強がある程度できるようになってくると、必ず志望動機書を先に作成してください。

看護学校の受験前に、志望動機書を作成していると、どうしても、筆記テストのための復習ができなくなってしまいます。看護学校の受験前には、みなさん、必ず過去問を解くと思いますが、過去問をじっくりと解くと、おもいのほか時間がかかります。

看護学校の受験に合格するためには、筆記テストと志望動機書の作成が何よりも重要なので、夏ぐらいには、志望動機書を作成し始めましょう

看護学校の受験で合格する面接対策

看護学校の受験には、一次試験の筆記テストだけではなく、面接が非常に重要になってきます。看護学校の受験で、なぜこんなにも面接が重要なのでしょうか?

それは、看護学校の受験に合格できるということは、基本的に皆さんは看護師になれる道に進むということです。

勉強だけができて、その他のことができない看護師は嫌ですよね?

看護学校の受験面接では、あなたが看護師として、しっかりと適性があるかなどを面接官には、確かめられています。この受験面接をうまく乗り越えるにも志望動機書の作成がかなり重要になってきます。

看護学校の受験に合格するには筆記テストと面接練習を両立しましょう。

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事