看護学校の受験で、浪人生が受ける看護面接とは。

Author:看護予備校KAZアカデミー

看護学校の受験で、浪人生が受ける看護面接とは。

過去問動画解説・傾向と対策

浪人生が看護学校の面接官に見られているところ

浪人生は、一年間看護学校の受験のことだけ考え勉強してきましたので、必ず看護学校に合格しなければならない、責任を感じながら看護学校の受験面接に向かうことになると思います。

しかし、あまりにも自分にプレッシャーをかけすぎて何も答えれない人も中にはいます。

これは、一年間勉強してきたのにあまりにも辛すぎる状況です。では、このようにならないように必ず面接試験の練習を積み重ねなければなりません。高校生の場合はまだまだ、世間知らずで、受験勉強だけ頑張ってきた所もあるので、これからの成長に期待し、少しぐらいの失敗なら目をつぶってもらえますが、浪人生の場合はそうはいきません。

看護学校の面接で無口になった瞬間不合格になるでしょう。

看護学校の面接官も、あなたが一年間どのように過ごし看護学校の受験を目指してきたのか?そして、看護師に対してどれぐらいの熱意があるのか?をじっくりと見られています。

例えば、看護学校の受験面接で、人を助けたい仕事がしたいから看護師を目指しました。

など答えた瞬間、ほとんどの場合が落ちます。これで、挽回するにはよほど他の答えが看護学校の面接官の心を動かしたのでしょう。通常、人を助ける仕事看護師ではありません。

看護学校の受験面接でこのように答える方もいますが、よくよく考えてから面接の質問には答えて下さい。とにかく、現在はたくさんの人が看護師になりたいと思っています。その中で面接官に看護師としてのあなたの姿を想像してもらわなければなりません

看護学校の受験面接は、あなたがどうしても看護師でなければならない理由をしっかりと伝えましょう。

浪人生が看護学校の面接官に試されること

浪人生の場合、看護学校の受験面接で看護師になりたい理由を細かく聞かれる場合があります。一年間、看護師を目指し、受験勉強を頑張ってきましたが、一年間看護師を目指している中で

どうしてこの学校を受験しましたか?なぜこの看護学校を目指されましたか?

など面接で聞かれる場合もあります。それは、一年という期間があれば、受験予定の看護学校の「教育理論」や「教育目標」までしっかりと目を通す時間があったからです。

看護学校側は、自分の看護学校でなければならない理由を「スッ」と答えてもらえることであなたとの信頼関係ができます。信頼関係がなけれ、入学後、看護学校の勉強が辛くて、あなたが看護学校を辞めるかも知れません。

高校生より浪人生・浪人生より社会人のようにどんどん責任感が重要視されていきます。

浪人生が行う看護学校の面接は合否につながる

看護学校の面接は合否に直結します。なぜなら、看護学校の筆記テストができたからといって、人間性が全くできていなければ看護師として働いてはいけませんよね。人間性ができていない人に大切な患者様を預けることはできません。

看護師になるということは、人の命を預かり、患者様のご家族ともうまく接しなければなりません。

その中で、人間性が乏しければ、おそらく上手くいかないでしょう。とくに看護はチームワークで医療と立ち向かいますので、コミュニケーション能力も必要となります。

また、看護学校に合格すると、実習では付属の大学病院などで実習を積み重ねます。その際、ドクターや現役の看護師ともやりとりをしなければならないので、中途半端な気持ちでは務まりません。

看護学校の受験に合格すれば、看護師としての第一歩を踏み出したことになりますので看護学校の面接官の目も厳しくなります。浪人生の間に、筆記テストの勉強に懸命になることも非常に大切ですが、看護学校の受験で行われるグループ面接のために人とのコミュニケーション能力にも磨きをかけておきましょう。

看護受験生の皆様にお知らせ!!

11月25日から12月6日の期間には第四回 全国統一看護模試があります。
いよいよ一般試験本番。と、その前に模試で入試本番さながらの
リアルな受験問題に慣れるチャンスです。
一年間頑張った受験勉強の成果をここでぶつけて
「一般入試」に挑みましょう。
模試はあなたの足りない部分を教えてくれるツールなので
あなたを確実に成長させてくれます。

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事