浪人生が看護学校の受験で合格するための現状と将来性

Author:看護予備校KAZアカデミー

kangojuken-ro11

浪人生がで看護学校の受験で合格するための現状と将来性

浪人生が看護学校の受験に合格できる現状

昨今、看護学校の合格を目指し、たくさんの浪人生が受験しています。この背景には、現在日本の就職に対しての不安が表れているのではないでしょうか?看護師の資格は国家資格というものなので、公務員のように安定した収入が得ることができます。

しかし、この安定した収入を求めて看護学校を目指し受験しますが、そんなに簡単に合格できないのが、現状です。看護学校は筆記テストと受験面接があります。

筆記テストは合格するけども、面接試験で不合格になる方がたくさんいらっしゃいます。

一方、現在少子化になっていますので、通常の大学は、学生不足のため、一部の学校を除いては合格しやすくなっています。

看護学校の合格を目指し受験勉強するということは、一昔前の大学受験のように、簡単に合格することはできません。その理由に、看護学校では学習とは別に看護実習がたくさんあります。

この看護実習は、実際に病院で研修をする必要があります。毎年、通常の生徒以上の学生を入学させたところで、実習の環境が整いませんので、毎年決まった人数の学生しか合格することができません。

通常でも狭き門ではありましたが、最近は、学生から40代までの社会人も看護学校を目指し受験勉強していますので
より一層看護学校の入学は難しくなっています。

この狭き門の中で、看護学校の受験に成功するにはきっちりと筆記テストの勉強をクリアすること、そして看護学校で行われる面接でも看護師とし認めてもらう必要があります。看護学校の受験面接では皆様の人間性も試されますので普段から、周りにたいして気配りする癖も付けておく必要があります。

高校生が看護学校の受験に合格できる将来性

まだまだ、日本はこれから高齢化社会になっていきます。近年、高齢者の年齢を引き上げることも行われていますが、高齢者の年齢を引き上げたところで、皆が健康になるわけではありません。

ますます、これから看護師としての需要は膨らんでいくでしょう。

しかし、毎年看護師として、看護学校に入学できる人数はある程度決まっています。そして、看護学校の受験を目指し、独学で勉強している方もいますが、たいていの方が不合格になってしまいます。

ではどのような方が看護学校の受験に成功しているのでしょうか?

それは、看護学校の受験を専門に行っている看護予備校に通っている生徒です。看護予備校では看護学校に合格するためだけのカリキュラムで勉強していきますので安定した合格率を保っています。

特に看護学校の受験は面接試験が難題です。面接試験ではあらゆる質問をされますのでそれに対応できなければなりません。

看護受験生の皆様にお知らせ!!

11月25日から12月6日の期間には第四回 全国統一看護模試があります。
いよいよ一般試験本番。と、その前に模試で入試本番さながらの
リアルな受験問題に慣れるチャンスです。
一年間頑張った受験勉強の成果をここでぶつけて
「一般入試」に挑みましょう。
模試はあなたの足りない部分を教えてくれるツールなので
あなたを確実に成長させてくれます。

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事