看護予備校の看護学校受験の現状と将来性について。

Author:看護予備校KAZアカデミー

kango-yobiko4

看護予備校に通うことで、看護学校の受験勉強がはかどる。

過去問動画解説・傾向と対策

現在、看護学校の受験に合格することが、非常に難しくなっている中で、看護学校に合格するために、看護予備校に通う学生が増えています。

もちろん、以前も看護師を目指すために、看護学校に受験する人はたくさんいましたが、近年の看護学校の受験者数は、驚くほど増加しています。

この背景に、日本が、高齢化社会から超高齢化社会に移りつつ、看護師不足である中で、「仕事の安定」「収入の安定」をもとめて、受験される方が増えています。女の子の憧れる職業にはいくつかありますが、例えば

  • 客室乗務員ボーナスが約60万円
  • 看護師ボーナスは約80万円なので

ボーナスでは断突の一位です。看護師を目指す魅力の一つですよね。

受験者が増えるということは、看護学校に合格しにくくなるということなので、短期間で、受験に合格するために、看護学校の受験を専門に行っている看護予備校に通うことで、この狭き門も、独学よりは、数倍スムーズに合格することができます。

看護予備校に通う学生の現状。

通常の大学受験とは異なり、看護予備校には「高校生」から「社会人」の方まで、看護学校の受験に合格するために、受験勉強を頑張っています。社会人の方にとって、看護予備校のように、同じ看護師を目指す、仲間と一緒に勉強することで、辛い受験も乗り越えれますよね。

社会人の皆様の、受験スタイルとして、看護学校に絶対に合格できるという保証はありませんので、今の生活を、捨てることはリスクがあります。そこで、基本的に、社会人の皆さんは、現在の仕事と両立しながら看護予備校に通っています。

看護予備校は、夜だけではなく、昼間も授業を行っているので、昼の授業には、主婦の方もたくさん通っています。

主婦にとっても、看護師を目指そうと思い、受験勉強していく中で、どのように勉強していけば、看護学校に合格できるわかりませんよね。そこで、独学の不安を取り除くために、看護学校に毎年合格している、看護予備校に通うことで、自分自身の先行きがわかってきます。

看護学校の受験を乗り越えるには、看護予備校に通うのが、一番手っ取り早い方法なので、看護予備校は重宝されています。

看護予備校に通うことで、看護学校に合格できる将来性。

独学であれば、看護学校の受験に合格するためには、受験勉強を始めてから数年かかってしまうでしょう。しかし、看護予備校に通っている方は、早ければ、数か月で合格できることもあります。

なぜ、独学と看護予備校に通うのではこれほどまでの差がでてしまうのでしょうか?

それは、看護学校の受験に合格するには、多くのコツがあります。ただ闇雲に勉強をしていても、看護学校の受験に合格することはできません。看護学校の受験を乗り越えるには、「筆記テスト」と「面接試験」の二つを乗り越える必要があります。

筆記試験に出題される内容も、各看護学校により、癖がありますので、看護予備校であれば、その癖をすべてわかっています。また数年ごとにテストの傾向もかわってくるので、過去問を解くだけでは補えものたくさんあります。

独学では、これらのことを頭の中に入れながら受験勉強をすることは難しいでしょう。また、面接試験も、通所の面接試験とは異なり、しっかりと看護師になりたい理由などを話さなければなりません。

筆記テストに合格しても、多くの方が面接試験で不合格になります。

これらの面接試験も、あらかじめ看護予備校では、対策をとってくれますので、看護学校の受験に合格できる確率が、グーンとあがります。もし、独学で看護学校の受験を考えているのであれば、一度、看護予備校にお話を聞きに行った方が、将来的にも大きな差がでてくるでしょう

看護受験生の皆様にお知らせ!!

11月25日から12月6日の期間には第四回 全国統一看護模試があります。
いよいよ一般試験本番。と、その前に模試で入試本番さながらの
リアルな受験問題に慣れるチャンスです。
一年間頑張った受験勉強の成果をここでぶつけて
「一般入試」に挑みましょう。
模試はあなたの足りない部分を教えてくれるツールなので
あなたを確実に成長させてくれます。

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事