看護学校予備校に通うと看護師になれるの?

kangshiway6

看護学校予備校に通うと看護師になれるの?

よく勘違いされることがありますが、 看護学校の予備校に通うことだけでは看護師になることはできません。看護師になるには、まず「看護専門学校」や「看護短大・看護大学」のどれかに進む必要があります。

初めて、看護学校の受験をされる方は、びっくりされるかもしれませんが、「看護専門学校・看護短大・看護大学」のどの看護学校にも、簡単に合格することができません。

実はかなり狭き門になっています。

これらの、狭き門を通り抜けるためにも、看護学校の受験に合格するために、看護学校受験専門の看護予備校に通われます。

看護学校予備校に通うメリットは何?

看護学校の受験をしようと思いますが、皆様は「何を勉強していけばいいのか?」わかりますか?実は、受験勉強のやり方一つで、合否が大きく変わってきます。看護学校の受験勉強の正しい勉強方法を学ぶためにも、多くの受験生が、看護学校予備校に通われます。

さらに、看護学校の受験は、筆記テストで、高得点を取るだけでは、看護学校に合格することができません。筆記テスト以外にも、重要なものがたくさんあります。それは

志望動機書の作成、面接、小論文など

これらは、ただ練習すれば、上手くなるものではなく、必ず、看護学校側の気持ちになった上で、学習していかなければなりません。これらを独学で学習するには、少し無理があるでしょう。細かいことを言えば、他にもありますが、看護学校の受験に合格するには、「志望動機書・面接、また小論文」を完璧にすることは必須です。

そこで、看護学校の受験を専門に扱う看護学校予備校では、これらのことに特化していますので、皆様の合格する確率が非常に上がります。

看護学校予備校はどういう人が通うの?

看護学校予備校には、看護学校の受験を考える「高校生」「大学生」「社会人」の皆様が通われております。もちろん独学でも合格できる人はいますが、割合としては非常に少なくなっております。

上記に記載しましたが、「看護専門学校・看護短大・看護大学」の受験は、通常の「大学受験」とは違い、筆記試験だけではなく「面接」「小論文」「志望動機書」がカギになってきます。

志望動機書や面接は、看護学校の受験の中で、非常に重要な要素になっていますので、これら全てをフォローしてもらうために、多くの人が看護学校予備校に通います。

これから看護師を目指される方には非常に重要な予備校であります。

看護受験生の皆様にお知らせ!!

5月25日から6月6日の期間には第一回 全国統一看護模試があります。
受験勉強が始まり、まだまだ未知数の中で自分の実力を知っておくことは非常に重要です。
看護入試に向けてどれぐらいの学力が必要なのかチェックしておきましょう。
「社会人入試」「公募入試」にむけて、今はあなたの実力を確認しておく期間です。
模試はあなたの足りない部分を教えてくれるツールなので
あなたを確実に成長させてくれます。

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事