看護予備校でしか、看護学校の受験準備ができないこと。

Author:看護予備校KAZアカデミー

kango-yobiko8

看護予備校で看護学校の受験準備を全て完成

看護予備校では、看護学校の受験勉強のみできる

看護学校の受験で必要な教科は「数学」「英語」「国語」そして生物や小論文などが、必要な学校もありますが、基本的に大事なのは、「数学」「英語」「国語」になります。看護予備校では、これらの、教科をみっちりと指導していきます。

しかし、通常の大学受験のように、各教科の各単元、全てを勉強する必要があるのでしょうか?

看護予備校では、する必要がないと答えます。

もちろん、看護学校のレベルが上がれば上がるほど、全ての単元を勉強していく必要がありますが、中堅ぐらいの看護学校の受験を考える方は、まず看護学校の受験で出題される筆記テストで、ある程度、点数を確保することを目標にした方がいいでしょう。

各、看護学校の受験問題を見ていただければわかると思いますが、看護学校により、出題される傾向が、ある程度決まっています。決まっているにもかかわらず、出題外の勉強に時間をとることは、不経済です。

例えば、数学の問題でも、速さを利用した問題がありますが、簡単そうに見えて、意外と「解くのに時間がかかってしまう問題」でもあります。

一つの問題に、時間がかかってしまうと、テストの時間がなくなります。そこで重要なのは、看護学校の受験で、あえて、解ける問題を飛ばすことも必要です。看護予備校では、これらのことも一つずつアドバイスしていきます。

それ以外にも、「たすき掛けの問題」や「二重根号」などの、ある程度、問題をこなせている学生さんにとっては、すぐに解ける問題でもあります。このように時間のかからない問題からスタートすることも大切です。

看護予備校では、これらのテストでいかに効率よく点数をとるのかも指導していきますので、どの生徒もある程度、点数の確保ができます。もし仮にこれらのことを、看護予備校で、教えられていない場合、素直に問い1の問題から解いてしまうでしょう。

結局、テストの時間配分を間違い、できる問題すら解けずに終わる学生もよく見られます。テスト問題は、時間のかからない問題からスタートしましょう。

看護予備校は、看護学校に必要な志望動機書の添削をしてくれる

看護予備校に、通っていれば心配することもありませんが、「独学」や「予備校」「塾」で、看護学校の受験勉強をされている方は、

志望動機書が全く志望動機書になっていません。

変な日本語ではありますが、このホームページでも何度か、お伝えしていると思いますが、看護学校の受験は就職活動と同じです。就職するということは、そんなに簡単ではありませんよね。

看護予備校では、これらの重要性がわかっていますので、筆記テストの勉強だけでなく、その他のものをできるだけ、きっちりと指導していきます。あなたの看護師になりたい志望動機の内容が、薄ければ薄いほど、いくら筆記テストで満点を取ろうが、不合格になってしまいます。

看護学校が求めている学生は、もちろん、学習能力も必要ですが、「心から看護師になりたい人」また「その学生の職業が看護師でなければならない人」を選びます。

例えば、看護師であれば、収入がある程度安定していることをメインに考えていては、恐らく、看護学校の面接官から「No」と言われるかもしれません。看護予備校では、「看護師とは何か?」なども教えてくれますので、「志望動機書の作成」や「面接」などは、通常の受験生と大きな差がでます。

看護予備校は、看護学校の受験面接の練習ができる

看護学校の受験で、もっとも皆さんの鬼門となるのが、看護学校の受験面接ではないでしょうか?当 看護予備校の学生さんも、練習している時から、皆さんガチガチに緊張してしまっています。

これが、本番だと、ガチガチ度は2倍にも3倍にも膨れてしまうのではないでしょうか?

この理由には、上記にも書きましたが、看護学校に合格するには、就職試験に合格するのと同じぐらいの価値が有るんですよね。通常の面接より、はるかに緊張感があります。また今まで「大きな面接をしたことのない人」や「人見知りの方」には辛いですよね。

面接試験に進むことができているということは、おそらく一次試験の筆記テストに合格していることでしょう。これが余計にプレッシャーになります。目の前まで来ているチャンスを逃してしまうかもしれないと。

現在、日本は、高齢化社会になり看護師としての需要は、たくさんあります。おそらく、国家資格をとれば、就職に困ることはないでしょう。その分、看護学校の面接官にもしっかりとした人を合格させなければならないので責任があります。

看護師に適している人」そして「看護師に適していない人」を看護学校の面接では、見極められています。看護予備校では、面接の練習はもちろんのこと、普段からどのような人が看護師として適しているのかもアドバイスしていきますので、数ヵ月後には、受験する前から看護師としての意識が強まっています。

このように、普段から看護師としてどうあればいいのかを考えていくうちに皆さんの内側から、看護師魂がでてきます。看護学校の面接官は、その人が看護師としてイメージできる人を、入学者として迎え入れてくれますので、普段から意識することも大切です。

看護受験生の皆様にお知らせ!!

11月25日から12月6日の期間には第四回 全国統一看護模試があります。
いよいよ一般試験本番。と、その前に模試で入試本番さながらの
リアルな受験問題に慣れるチャンスです。
一年間頑張った受験勉強の成果をここでぶつけて
「一般入試」に挑みましょう。
模試はあなたの足りない部分を教えてくれるツールなので
あなたを確実に成長させてくれます。

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事