看護予備校が看護学校の受験に必要な理由。

Author:看護予備校KAZアカデミー

kango-yobiko3

看護予備校では看護学校の受験の安心をくれる。

皆さんが、看護学校の受験を考えた時、一番初めに、考えることは何でしょうか?もともと、看護学校の受験に合格するために、「必要な勉強量」であったり、身近な人に看護師がいれば、「具体的なアドバイス」などもしてもらえるのですが、看護学校の受験のことを何も知らずに、受験を考えた場合、

  • 私が、看護学校に合格するためには、何が必要?
  • 私が、本当に看護学校へ合格できるすることができるのかな?

など、不安に思ったりしますよね。近年、インターネットなどの普及から、看護学校の受験に、合格するための情報もたくさんありますが、実際に、どれが本当の情報かわかりませんよね。

本当に、看護学校の受験で合格を狙っているのであれば、看護学校の受験を専門に扱っている「看護予備校」に通うべきです。目に見える実績として、看護予備校は、毎年、多くの学生を、看護学校に合格させています。

ただ、闇雲に勉強して、筆記テストのレベルをあげたところで、看護学校の受験に、合格できるとは限りません。なぜなら、看護学校の受験は、就職活動みたいなものです。

看護学校の受験に合格 = 就職試験に突破と考えても、過言ではありません。

皆さんにとって、就職することは簡単なことですか?難しいですよね。看護学校の受験合格するには「筆記テスト」「志望動機書と面接」の両方で、高評価をもらえなければ、看護学校の受験には合格できないでしょう。

看護予備校は、「筆記テスト」「志望動機書と面接」を指導するのに特化しています。看護予備校なら、過去の実績から、皆さんに「看護学校の受験に乗り越えるコツ」を伝えることができるでしょう。

看護学校の受験を独学でしようと考える人は、合格できるまでの年数も考慮して、看護予備校に通った方が、合格できる確率が上がるでしょう。

看護予備校ならでは、過去問が豊富。

看護学校の受験が近づいてきたら、過去問等をどんどん解いていきたくなりますよね。もちろん、基本勉強ができていない中で、受験問題をいくら解いたところで、勉強になりませんので、基礎ができていない方は、しっかり学習して下さいね。

基礎ができていることを踏まえた上で、受験前には、過去問を解いていきますが、解答がついていない学校もたくさんあります。基本的に、看護学校でもらう、過去問は、解説も付いていませんので、理解できなかった問題を自力で解かなければなりません。

実際、入試問題はかなり難しい問題がたくさん出題されています。

これらを解説なしで、自力で解いていくことは、時間の無駄にもなりかねません。受験は、時間を無駄にすることで、皆様の焦りを誘ってしまいます。過去問等を解く場合にも、看護予備校であれば安心して、受験問題を解いていくことができるでしょう。

看護予備校の最大のメリット。

看護予備校に通う最大のメリットは、「看護学校の受験に合格するには、何をしていけばいいのか?」具体的に教えてくれるところです。看護学校の受験を考える人の多くが、看護学校に合格するためには、何が必要なのかわかっていないことが多いです。

もちろん、筆記テストに合格するために、一生懸命、勉強することも大切ですが、

筆記テストができるだけでは、看護学校の受験に合格することはできません。

上記にも書きましたが、看護学校の受験に合格するには「筆記テスト」「志望動機書と面接」の両方で、結果を出す必要があります。看護学校の受験は、就職活動と同じなので、志望動機書と面接が非常に重要なポイントにもなってきます。

筆記テストが、それほど完璧でなくても、面接でしっかりと話せれば、看護学校の受験に合格することができるでしょう。看護予備校では、看護学校の受験面接で、どのような質問をされ、皆さんがどのように返答することが一番ベストなのかを教えてくれます。

志望動機書や面接など自分ではどうすることもできないことを、指導してくるのが看護予備校の最大のメリットでしょう。

看護受験生の皆様にお知らせ!!

11月25日から12月6日の期間には第四回 全国統一看護模試があります。
いよいよ一般試験本番。と、その前に模試で入試本番さながらの
リアルな受験問題に慣れるチャンスです。
一年間頑張った受験勉強の成果をここでぶつけて
「一般入試」に挑みましょう。
模試はあなたの足りない部分を教えてくれるツールなので
あなたを確実に成長させてくれます。

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事