看護学校の受験に成功するには、看護予備校の選び方が重要。

Author:看護予備校KAZアカデミー

kango-yobiko11

看護学校の受験を失敗しないためにも看護予備校をしっかり選ぶべき

過去問動画解説・傾向と対策

看護予備校の「集団授業」と「個別授業」は、両方失敗?

看護予備校とは、看護学校の受験を専門に扱っている予備校ですが、看護予備校の授業にも、通常の「塾」や「予備校」の様に、個別指導と集団授業があります。どちらの方が、看護学校に合格しやすいかを選ぶことも重要でしょう。

看護予備校の「集団授業」の特徴としては、

  • ● 個別よりも授業料が安い
  • ● カリキュラムが決まっているので聞き逃すと追いつけない
  • ● 講師の説明の仕方で大きく左右する
  • ● たくさんの生徒が通うので、情報交換やモチベーションの持続

看護予備校の「個別授業」の特徴は

  • ● 集団授業より授業料が高い
  • ● 自分自身のペースで勉強できる
  • ● 先生から直接指導してもらうので、理解しやすい。
  • ● 一人なので、モチベーション維持が難しい

どちらもメリット・デメリットが存在しますよね。でも実は、これらの両方を兼ね備えている看護予備校も存在します。

それは「集団かつ個別授業」を行う、看護予備校です。

この指導方法であれば、「モチベーションの維持」も「情報交換」も「自分のペースで勉強」そして「直接先生が指導してくれる」ので、看護学校の受験に安心して望むことができますよね。

「個別授業」はいいように聞こえますが、看護学校の受験を乗り越えるには、同じ目標に向かっている仲間も必要です。受験前には、互いに面接練習などもできるので、どれぐらいが合格レベルなのか肌で感じることができます。看護学校の受験は、単に勉強するだけのことを考えると失敗してしまうかもしれません。

近年は、看護予備校も増えてきていますので、看護学校の受験を考える社会人にとって、看護予備校を選ぶことも大切です。いかに看護予備校の先生が、皆さんの不安を取り除き、しっかりと看護学校の受験まで面倒を見てくれるかが重要です。

このように考えると、看護予備校の先生と距離が近いことで、看護学校の受験勉強に対する勉強法や、合格するためには何が必要なのか詳しく聞く事ができますよね。

看護学校の受験を考える社会人にとって、筆記テストのための勉強をすることは、大変ですが、仕事と両立がしっかりとできる、看護予備校に通うことで看護学校の受験に成功することができます。

看護予備校で、基礎勉強から教えてくれる予備校は人気がある

皆さんが看護予備校を選ぶ時には、何に注意しますか?授業方法にも個別授業と集団授業があるように、指導方法にも色々とあります。まず初めに、看護学校に合格するするには、どれぐらいの勉強レベルが必要なのかご存知ですか?

「数学」「英語」「国語」と最低限、これらの教科を勉強する必要があります。その中でも、数学であれば、「数Ⅰ」と「数A」を理解できていなければなりません。

「数Ⅰ」「数A」は高校数学の勉強ですよね。

現段階で、中学数学が完璧であれば、高校数学から、勉強し始めてもいいのですが、社会人の皆様にとって、勉強と少し離れているのではないでしょうか?また、看護学校の受験を考える多くの人が、数学を苦手としています。

苦手にもかかわらず、高校数学から勉強を始めてできると思いますか?

おそらく看護学校の受験に失敗するでしょう。なぜなら、高校数学は、中学数学からの続きです。中学数学の基本ができていなければ、高校数学の受験問題を解くことはできません。

看護予備校では、きっちりと、皆様の学力を、把握し、しっかりと基礎から勉強をしてくれるところは、人気があります。そして、基礎に力を入れてくれる看護予備校は非常に合格率が高いです。

看護学校の受験に、合格しようと思うのであれば、基礎を重視している看護予備校に通う方が合格できる確率が上がるでしょう。

看護予備校で、看護学校の受験に成功するには、前年度の合格率が大切

近年、看護学校の受験者も増え、高校生だけではなく、社会人の方も毎年どんどん看護学校に合格しています。しかし、誰でも看護学校の受験に合格できるわけでは、ありません。ではどうすれば、看護学校の受験に合格できるできるでしょうか?

まずは一次試験の筆記テスト(数・英・国)に合格し、その後、二次試験の面接に合格することができれば、晴れて看護学校の受験に合格という形になります。しかし、二次試験の面接を合格することは、非常に難しくなっています。

この二次面接では、あなたが、看護師として「適しているか」「適していないか」など 判断されます。

普段から気をつけておかなければ、看護師に適しているか、適していないかなどはわかりませんよね。看護予備校では、普段から、皆様の人間性なども、育成しながら看護学校の受験に備えます。

もしこのようなデーターがあればあなたはどちらの看護予備校に通いますか?

  • ① 200人中 100人合格 50%
  • ② 30人中 27人合格 90%

人数だけ見れば①は、100人も合格しているので凄いと、思ってしまいますが、実際②の場合は、90パーセントの人が合格しています。皆様が、看護予備校を選ぶ時は、のように、高い合格率を保持しているところを選んだ方がいいでしょう

②の看護予備校の方が、筆記試験だけでなく、看護学校の受験で必要な「志望動機書」や「面接練習」で的を得ていることになります。決して看護学校の受験は筆記テストだけが、重要な訳ではありませんのでご注意ください。

看護受験生の皆様にお知らせ!!

11月25日から12月6日の期間には第四回 全国統一看護模試があります。
いよいよ一般試験本番。と、その前に模試で入試本番さながらの
リアルな受験問題に慣れるチャンスです。
一年間頑張った受験勉強の成果をここでぶつけて
「一般入試」に挑みましょう。
模試はあなたの足りない部分を教えてくれるツールなので
あなたを確実に成長させてくれます。

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事