be known+前置詞の使い分け②|看護受験の必須英文法をサクッと解説 : vol48

Author:看護予備校KAZアカデミー

第2回〆切まで
22 hrs 02 mins 53 secs

本日も看護受験に必須の英文法を極めていきましょう。

下記の問題に入る適切なものを選んで下さい。

be known + 前置詞 の使い分け。

前回と同様に「be + known」は後ろに続く前置詞によって意味が大きく変わります。

① as:(彼は素晴らしい音楽家として知られている。)

② for:「a great musician」が(原因・特徴)でないので不当。

③ to:「to」以下が不特定多数でないことから不当。

④ with:訳が不当。

よって、② for③ to④ withが除外されます。

本日の解答

答えは① asになります。

◆ 看護受験の必須 英文法を徹底解析問題集 ◆

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事