deadとkillの使い方|看護受験の必須英文法をサクッと解説 : vol45

本日も看護受験に必須の英文法を極めていきましょう。

下記の問題に入る適切なものを選んで下さい。

dead (死んでいる)はbe動詞の使い方に注意。

be動詞過去形+deadである③ were deadが除外されます。

be killedは暗記しておこう。

多くの人々は地震で死んだので、④ were killedが正解となります。

また① had diedは時制がおかしいことから不当になり、

① killedを挿入した訳は「多くの人々が~を殺した」となるので意味が通りません。

本日の解答

答えは④ were killedになります。

◆ 看護受験の必須 英文法を徹底解析問題集 ◆

看護受験生の皆様にお知らせ!!

5月25日から6月6日の期間には第一回 全国統一看護模試があります。
受験勉強が始まり、まだまだ未知数の中で自分の実力を知っておくことは非常に重要です。
看護入試に向けてどれぐらいの学力が必要なのかチェックしておきましょう。
「社会人入試」「公募入試」にむけて、今はあなたの実力を確認しておく期間です。
模試はあなたの足りない部分を教えてくれるツールなので
あなたを確実に成長させてくれます。

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事